ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第7回〉「評価する」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

何かを評価したり、誰かに評価されたり…、学校や会社など日常生活の中で「評価する(される)」機会は多々ありますよね。どんなときにどの単語を使うのがしっくりくるのか、チェックしてみましょう!


1 evaluate、assess 「(生徒や部下、成績を)評価する」
スキルや特性を判断するときに使う。evaluateはある基準に基づいて評価し、assessはよく調査して吟味して評価するイメージ。

– The teacher evaluated the applicant’s academic performance. (教師は受験者の成績を評価した。)
– I got a poor evaluation from my boss. (私の上司は私を低く評価している。)
– The lawyer assessed the merits of the case. (弁護士は訴訟のメリットを評価した。)

2 appraise 「(品物を)鑑定する、査定する」
商品の価値を判断するときに使う。また少しフォーマルな表現にも聞こえる。

– I appraised the property. (私は不動産を査定しました。)
– Jewelers can appraise diamonds. (宝石商はダイヤモンドを鑑定できます。)

3 rate 「格付けする」
レベルで分類したり、数字で評価するときに使う。

– This hotel is rated 5 stars. (このホテルは5つ星に格付けされた。)
– Children under 17 cannot watch R-rated movies. (17歳未満はR指定の映画は見られません。)

 

<その他の使える単語&フレーズ>

・estimate 「推定する、推測する、見積もる」
何かを推測したり、将来のことや費用を見積もるときに使う。

・score 「点数をつける」
rateに似ているが、より点数で評価するニュアンスが強い。

【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。