ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第3回〉「よろしくおねがいします」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

「よろしくおねがいします」はいろんな場面で使う便利な決まり文句。とくにビジネスの会話ではかかせない言葉ですよね。しかし残念ながら英語でその直訳はありません。今回はさまざまなビジネスシーンでの「よろしくおねがいします」の表現を学びましょう!


1. 初対面の自己紹介に使う「よろしくおねがいします」

米国人にとって日本人の名前はとても難しいので、名前はゆっくりはっきり伝えるのがポイント!
– Hello. It’s a pleasure to meet you.(初めまして。お会いできて光栄です。)
– Please allow me to introduce myself. I’m ◯◯ from △△(会社名). It’s an honor to meet you.(自己紹介させていだきます。私は△△の◯◯です。お目にかかれて光栄です。)

2. 別れ際に使う「よろしくおねがいします」

会えたことへの感謝やまた会いたいという気持ちを伝えることで、会話の締めくくりに使えます。

– Thank you for your time today.(本日はお時間をいただき、ありがとうございました。)
– I look forward to our next meeting.(次回お会いできるのを楽しみにしております。)

3. 物事を依頼する時に使う「よろしくおねがいします」

丁寧な口調で依頼することで、「よろしくおねがいします」を含んだ意味合いで伝えられます。

– It would be appreciated if you could reply today.(本日中にお返事いただけると幸いです。)
– Would it be too much trouble for you to look at my email?(ご面倒でなければ、私のメールをご覧いただけますか?)


その他の使える単語&フレーズ

・Thank you in advance.(本件をよろしくおねがいします。)
・Thanks, I owe you one! (ありがとう、恩にきります!)
※直訳は「ひとつ借りができた」。誰かから親切にしてもらった後に使うスラング。

【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。