ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第2回〉「断捨離」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

日本人にとって「大掃除」といえば年末の一大行事。しかしアメリカでは、あたたかくなってきたこの春の季節に大掃除をする「Spring Cleaning」が一般的なのです。 「断捨離する」や「片付ける」など、お掃除に使うネイティブフレーズをチェック!


1 declutter「断捨離する」

「散らかす」という意味のclutterに、反対の意味を表す接頭語“de”をつけた単語。ネイティブが「断捨離」を表現するときに一番しっくり来る単語。

For Americans, spring is the time to deep clean and declutter! (アメリカ人にとって、 春は大掃除と断捨離の時期です。)

2 clean up「片付ける」

汚れやほこりを取り除く掃除。掃除機をかけたり、雑巾で拭いて掃除をするイメージ。

Mommy always cleans up after the kids. (ママはいつも子供たちが散らかしたものを片付ける。)

3 straighten up / neaten up / tidy up / organize「整理整頓する」

実際には汚れているわけではなく、綺麗に並べたり、元にあった場所に戻したりして整頓するイメージ。

I’ll tidy up the kitchen after dinner. (夕食後に台所をきれいに片付けます。)
It’s time to organize the closet! (クローゼットを整理する時期だね。)


その他の使える単語&フレーズ

・dirt 「汚れ、ちり、ほこり」
・cobweb 「クモの巣」
・Put a little elbow grease into it!
(もっと力をこめてやれ(磨け)!)

・Junk / Toss / Pitch「捨てる」(スラング)
・ junked / tossed / pitched the old newspapers.(古い新聞を捨てた。)

【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。