グローバル時代の子育て

習い事が人生を決定づける ほど重要な理由

優秀な子どもが育つ家庭では、「習い事」を極めて重視します。その理由は、習い事は学校では身に付けられない大切なことを教えてくれるからです。

このことを裏付けるかのように、ハーバードやイエールなど、世界最難関大学の集まりであるアイビーリーグには、学力が高いだけでは合格できません。学校の成績がオールAでも、SATと呼ばれる共通入試テストで満点を取っても、スポーツ、吹奏楽、演劇といった課外活動に取り組んでいない生徒は、ほぼ合格できないのです。

文武両道は当たり前

アイビーリーグの大学の合格を勝ち取った生徒のプロフィールを見ると、文武両道、文芸両道は当たり前。勉強がトップレベルであるだけでなく、スポーツや音楽などの習い事面の技能も州や国のトップクラスのレベルであるケースが多いのです。さらに生徒会、ボランティアなど、忙しい学校生活の中で課外活動にも休む暇なく突き進んできたことが分かります。

日々の勉強に加え、課外活動に本気で取り組むことは並大抵の努力ではありません。しかし、忙しい中でも諦めずに継続したことで「何事にも全力で取り組む」という資質が確かに身に付いていくのです。

このような例を見ると、「優秀な人は血筋として優秀」と考えがちですが、もともとの才能の問題ではありません。親がどんな強みを見つけるか、その強みを活かした習い事の選択肢を用意できるか、子どものやる気を奮い立たせサポートできるか、といったことにかかっています。

日本でも、多くの家庭で、子どもが4〜5歳になると習い事を考え始めます。「どうして習い事をさせるのですか?」と父兄に聞き取りをしたところ、「子どもの可能性を広げるため」という声が一番多く聞かれました。しかし、スポーツ、音楽、演劇、アートなど、数ある習い事の全てを経験させることはできません。また、いろいろな分野を経験させたいからと次々に習い事を変えることは、子どもにとって「失敗体験」を積ませることになるので、非常によくありません。

そもそも習い事の目的は二つあります。一つは子どもの得意分野を見つけて「強み」を持たせること。もう一つが「やり抜く習慣」を身に付けさせるためです。

習い事をする上で最も大切なのが、やり続けること。1〜2年でやめるのではなく、小・中学校、できれば高校時代も通して10年以上はやり続けることが重要です。続けていくことで「やり抜く習慣」が大きく育ちます。

やり抜く習慣があれば社会でも負けない

「やり抜く習慣」は、勉強はもちろん、社会に出た時にさまざまな経験を乗り越えるために子どもを支えてくれる力です。自ら始めたことに責任を持ち、困難にへこたれず、最後までやり抜く。そんな姿勢を持つ人はどんな場所でも活躍できます。

一方、この習慣が育っていないと子どもの能力は十分に伸びません。やり抜かなければ、成功体験が積めない。成功体験が積めないと、自分に自信が持てない。いっそうチャレンジをしなくなる、といった悪循環が起きてしまいます。そう考えた時に、習い事は最適。一生懸命に課外活動に取り組み、人と競争し、協力をし、成功も失敗も経験をする。習い事は子どもの世界を広げてくれるのです。

習い事は真剣に取り組むことに意味がある

一般的に習い事というと「片手間」で行うようなイメージがあるかもしれませんが、真剣に取り組むことで真の効果を発揮します。

親に言われて仕方なく「やらされている感たっぷり」では決して育たず、あくまでも子どもが自主的に取り組んでいなければなりません。

子どもが何かを「やり続ける」には親のサポートが必須です。ただ習い事の場に放り込むのではなく、技能を周囲よりも少しだけ高めてあげてから習い事をスタートさせ、やる気を大きくしてあげてください。

 

 

 

 

 

 

船津徹 (ふなつ・とおる)

TLC for Kids代表 教育コンサルタント

1990年明治大学経営学部卒業。大学卒業後、金融会社勤務を経て幼児教育の権威、七田眞氏に師事。
しちだ式教材制作に従事。2001年ハワイ州ホノルルにてグローバル教育を行う学習塾
TLC for Kidsを開設。
2015年に
TLC for Kidsカリフォルニア州トーランス校開設。2017年上海校開設。
アジア諸国からの移民子弟を中心に4000名以上のバイリンガルの子どもの教育に携わる。
イエール大学、ペンシルバニア大学など米国のトップ大学への合格者を多数輩出。
著書に「すべての子どもは天才になれる、親(あなた)の行動で。」(ダイヤモンド社)、「世界で活躍する子の〈英語力〉の育て方」(大和書房)。

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!