アイデア盛りだくさん 日本語で楽しく遊ぼう

ニュージャージー日米協会主催の、「ひまわりクラス」のオンラインクラスが4月から開催している。

幼児日本語教師、リトミック、育児セラピストなどの資格と経験を持つ、インストラクターのモイ仁子(きみこ)さんは、「日本語で楽しく遊ぶクラスです。子供を飽きさせないように、毎回いろいろ工夫しています」と話す。

 

4月から行われているオンラインクラス。多いときは20人以上の子供たちが参加している

 

「きょうのお天気は、なーに?」。お天気マークが描かれた丸いチャートを手に画面に登場したきみこ先生。「晴れです!」と元気に答える子供にうなずきながら、晴れマークを指差す。

ぬいぐるみと一緒に身振り手振りを付けて、「お返事の歌」を歌った後は「クリがあったぞ」を歌いながら、先生が作った紙の栗を紙のお盆の上に置いていく。「1個の次は何個置いた?」「2個」「もう1個置いたら何個になる?」「3個」「よくできました」と、みんなで楽しく数字を覚えていった。

グー、チョキ、パーの絵が描かれたカードを使って遊ぶ「ジャンケンポン」の時間になると、先生の息子のトーマスくん(11歳)が登場。先生のピアノ伴奏に合わせて、季節にちなんだ「やきいもグーチーパー」や「まつぼっくり」の歌を、手遊びをしながら歌ってくれた。

その後、大好きな製作の時間。工作などに使う教材は先生が事前に郵送。この日も郵送された色紙を使って七面鳥の絵を描いていく。ママと一緒に色紙を切ったり貼ったりする子供たちに、先生が「上手、上手」と声を掛けると、うれしそうに手を動かしていた。

動物やおにぎりの絵カードを使って単語を覚え、「森のくまさん」の歌に合わせて紙芝居を楽しみ、先生が手品も披露。盛りだくさんの内容で、あっという間に40分が過ぎていた。

 

2015年にニュージャージ州フォートリーで開始以来、参加家族は口コミで広がっている

 

桜子ちゃん(2歳7カ月)の母親の坂本友紀さんは、「クラスに入ってから娘はみんながやるのを見て、自分もやってみるようになりました。先生は工作や歌、じゃんけんなど、子供が興味を持つものを取り入れてくださるので、とても参考になります」と話す。

ニューヨーク在住16年のヌンニエズ・裕美さんは、「娘のエリース(3歳7カ月)のために、日本語で幼児教育を行うクラスを探してここに行き着きました。子供を飽きさせないようテンポよく進んでいくので、この時間を親子共々楽しみにしています」とほほ笑む。

 

毎回、きみこ先生のアイデア満載のクラスが人気となっている

 

魁斗くん(3歳1カ月)のママの熊野旬(じゅん)さんは、「息子はここですぐ友達ができて、よく一緒に遊んでいます。先生がいると子供は集中できる時間が持てます。私にとってもママさんたちと画面で顔を合わせられる貴重な時間です」と、親子で楽しみにしているようだ。次回のクラスを皆わくわくしながら待っている。

 ひまわりクラス卒業後は、4〜7歳対象の「ほおずきクラス」でも引き続き楽しく日本語が学ぶことができる。

 

 

今週の先生
モイ仁子(きみこ)さん

 

子供はすぐ飽きてしまうので、いつもアンテナを張って新しいアイデアを考え、勉強を続けています。さまざまな仕事の経験を通じて、皆さんを盛り上げ、興味を引きつけるにはどうしたらいいかを一番に考えるようになりました。子供だけでなく、ご両親も一緒に毎回新しい発見と成長ができるような楽しいクラスを心がけています。飛び入り参加も歓迎です。

 

Himawari Class
オンラインクラスを、毎週火・水・金曜日の午前10時〜10時40分および火曜日の午後5時〜5時40分に開催。
対象は22カ月〜4歳くらい。
1回無料体験可。
【問い合わせ】
kimikomoye0216.wixsite.com/homekimikomoye0216@gmail.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。