グローバル時代の子育て

教育の「ゴール」は何か?

私(船津徹)の新著『すべての子どもは天才になれる、あなた(親)の行動で。』が発売されました!子どもの個性を才能に変える家庭教育について紹介する一冊です。以下「まえがき」から抜粋をお届けします。

今、日本だけでなく世界の先進国の関心事は「教育」に向かっています。世界中の親が、子どもによりよい教育を受けてもらおうと躍起になり、情報を集め、環境を整えようとしているのです。

そもそも、教育の「ゴール」とは何でしょうか。何をもってして「教育は成功」とすればよいのでしょうか? 有名大学に入ることでしょうか? 名の知れた一流企業に就職することでしょうか?それとも高い年収を得ることでしょうか?

さまざまな答えが浮かんでくると思いますが、私は教育のゴールを「子どもが確信を持って、自分の人生を選択できるようにすること」と定義しています。

教育のゴールは、受験や就職などではないのです。当然、親が望む進路を歩んでもらうことでもありません。社会に出ていく子どもが、「何があっても大丈夫だ」という確信を持ち、自分の人生を突き進んでもらう。そのための準備を整えることが、教育のゴールなのです。

子どもの将来を決めるのは、親(あなた)

私はこれまで25年にわたって日本、アメリカ、中国で子どもの教育に関わってきました。下は1歳から上は18歳まで、4200名以上の子どもたちと、その親たちを見てきたのです。

その中で、たとえば幼い頃はキラリと光る優れた才能を見せていた子が、学年を重ねるにつれごく平凡な能力の持ち主になり、やりたいことが見つからずに何となく生きている姿。反対に、ごく普通の才能の持ち主だった子が社会的成功を収め、壮大な夢に向かって突き進んでいる姿。様々なタイプの子どもが育つ過程と、その親の様子を見てきました。一体、この「差」はどこから生じるのでしょうか?

その決定的な要因は、血筋や遺伝などではありません。また、子どもが生まれ持った素質で決まるものでもありません。その要因は何よりも「親のあり方(行動)」なのです。

この世に才能のない子など、一人もいない

「うちの子は才能がない」「パッとしない」などと言う親がいますが、それは違います。この世に才能のない子など、ただの一人もいません。誰もが輝かせるべき才能の芽を持っているのです。他の子とは違ったところ、目立っているところ、興味の強いこと、必ず一つ以上は持っています。

しかし、親がその芽に気付いていない、あるいは、子どもの本当の特性を無視した教育を続けていると、子どもは自分らしさをどんどん失っていくのです。

私自身、数々の「天才」と呼ばれる子どもを見てきましたが、小さな時から圧倒的に秀でている、という子どもはほとんどいません(先天的に天才という子どもは体感としては500人に1人くらいです)。多くの場合、家庭での過ごし方で後天的に才能を開花させ、結果として「天才」と言われるようになるのです。

優秀な子を育てる親の”共通点”

優秀な子どもを育てる親には、驚くほどの共通点があります。不思議なことに、住む国や地域、親の経済力や学歴、人種などは関係ありません。例えば、

・ 勉強しなさいと言わない

勉強は学校や塾任せにせず、家庭で親が教えている

・ どんな小さなことも、子どもに選択をさせている

・ 習い事では、親が子どものレベルの底上げをサポートしている

・ 子どもに考えさせる質問をしている

・ ボードゲームやカードゲームで遊んでいる

・ 本を好きにさせ、興味を引き出している

などといったことです。実はこれらは科学的に見ても理にかなっていることであり、根拠も明確にあるのです。どんな子どもにも個性や特性があり、親がそれを信じていけば必ず才能は開花するのです。

 

船津徹 (ふなつ・とおる)

TLC for Kids代表 教育コンサルタント

1990年明治大学経営学部卒業。大学卒業後、金融会社勤務を経て幼児教育の権威、七田眞氏に師事。
しちだ式教材制作に従事。2001年ハワイ州ホノルルにてグローバル教育を行う学習塾
TLC for Kidsを開設。
2015年に
TLC for Kidsカリフォルニア州トーランス校開設。2017年上海校開設。
アジア諸国からの移民子弟を中心に4000名以上のバイリンガルの子どもの教育に携わる。
イエール大学、ペンシルバニア大学など米国のトップ大学への合格者を多数輩出。
著書に「すべての子どもは天才になれる、親(あなた)の行動で。」(ダイヤモンド社)、「世界で活躍する子の〈英語力〉の育て方」(大和書房)。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。