<特別特集記事>子供のサマーキャンプもオンライン化!

日本語による幼小一貫教育を行うニューヨーク育英学園は、5月14日に夏恒例のデイキャンプの中止を発表。代替措置として、双方向型ライブストリーミングによるオンライン・サマースクール&キャンプを6月29日(月)より実施する。

同学園では現在、オンラインで授業を行っている。「先生が話すだけの一方的な授業ではなく、子供同士で話し合ったり、積極的に発言している」と、小学部第1タームディレクターの中村健人先生。幼児部第1タームディレクターの竹山輝(ひかる)先生は、子供の表情や動きは見えづらいが、一方でオンラインでより効果的に使える映像や教材も多いという。

 

 

盛りだくさんの2ターム

同学園のサマープログラムは2ターム制で、かつ午前・午後の2部制。クラスによっては、いつでも視聴可能な映像・音声などの配信も行う。

第1タームは、従来のサマーキャンプ的アクティビティーを中心とした日本語/英語のプログラムで、第2タームはアカデミックな内容が中心。幼児クラスでは日本の行事・文化・言語などを取り入れた日本式の保育、小学生以上は1学期の復習を中心としたプログラムとそれらの発展・応用編の2クラス。

その他、9月に始まる現地校への入学・編入をサポートするクラスも開講予定だ。

自分だけの時間割で学ぶ

幼児クラスは「画面の向こう側に、いつもの幼稚園がある」をコンセプトに、少人数制で日本語にたくさん触れ、日本語で話ができるようになるよう、通常に近い保育を目指す。

小学生以上は、午前は3コマ各40分で、体育、音楽、芸術、プログラミングなどから好きなものを選び、自分だけの時間割を作成。午後は1コマ2時間の1週間プログラムで、例えば「ユーチューバーになろう」というテーマなら、動画の撮影、編集、アップロード方法などを学ぶ。

授業以外にも子供たちが楽しめる活動を企画中。蛍狩りやキャンプファイヤーなどの特別イベントのライブ配信も行う予定だという。地域、州、国を問わず、必要な環境が整っていればどこからでも参加できるのがうれしい。この夏も、自宅で楽しく過ごそう!

 

ニューヨーク育英学園

TEL: 201-947-4832
nyikueionlinesummer.com

▶︎第1ターム=6月29日(月)〜7月31日(金)
土日休み。
幼児部親子クラス(1〜3歳の未就園児)、幼児部(3歳以上の未就園児〜年少・中・長)、小学部(1〜6年)

▶︎第2ターム=8月3日(月)〜9月3日(木)
土日休み。幼児部親子クラス(1〜3歳の未就園児)、幼児部(3歳以上の未就園児〜年少・中・長)、小学部(1〜6年)、中学部(1〜3年)、高等部(1〜3年)、英語プログラムなど

デイキャンプ(追加開催決定)=7月13日(月)〜31日(金)、土日休み。幼児部・小学部(各定員20人ずつ)

※学齢は日本のものに準拠

固定ページ: 1 2

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。