初心者も1時間でマスター 気楽に気軽に始めよう

ホリデーシーズンたけなわの某日。ウクレレとギター奏者のSAKAIさんが教える、「ウクレレグループレッスン」が開催された。SAKAIさんは、ギタリストとして1989年にプロデビュー以来、プロ活動を続けながら、15年ほど前よりウクレレも教えているという。

まずは初心者クラスがスタート。「ウクレレに触ったことがない人でも、1時間のレッスンで『ハッピーバースデー・トゥー・ユー』が弾けるようになりますよ」と話すSAKAIさん。この日はクリスマスがテーマということで、初めてウクレレに触ったという主婦の武藤由佳さんが、「サイレントナイト」に挑戦した。

 

ウクレレマスターのSAKAIさんが、誰でもすぐに弾けるウクレレの魅力を伝授する

 

ウクレレの起源や歴史の説明の後、「すべらないように脇で挟んで、しっかり抱えて」と楽器の持ち方から解説。弾き方の練習に入ると、「ウクレレで最も大切なのは手首。こんな風にリラックスして」と、お手本を見せるSAKAIさんに、手首を上下に動かしてついていく武藤さん。

基本となる三つのコードを習った後は、アルペジオやブラッシングなどの奏法の練習を続けていく。2本の指での練習に続いて、4本指で弾く練習も難なくこなし、初心者と思えないほど。「すばらしい! 一音もミスしなかったですよ」とSAKAIさんも絶賛。

最後に2人でアンサンブル。「ギターだとアンサンブルに半年かかりますが、ウクレレは1時間以内にできちゃうんです」との言葉通り、息ピッタリの演奏を披露した。

 

まったりしたウクレレの楽しさを共有する仲間たち

 

初心者の武藤さんも、「サイレントナイト」の演奏を完璧にマスター

 

武藤さんも、「1曲ちゃんと弾けるようになって楽しかったです。先生の指導が分かりやすく、演奏していると気持ちよくて、マイウクレレが欲しくなりました。息子の歌に合わせて伴奏できるようになりたいです」と顔をほころばせた。

続いて経験者クラスが始まった。ユーチューブを使って、マライア・キャリーの「オール・アイ・ウォント・フォー・クリスマス」の歌声をスローリズムに調整し、全員そろって演奏。高度な指の使い方などを細かく教える一方で、「このコードはみんな人差し指でやっていますが、中指でもいいんです。らくちん方法でいきましょう」と、あくまで楽しく演奏することを大切にするSAKAIさん。

スピリチュアルヒーラーの近田慎介さんは、「クラスを受けたら面白くて、すぐにウクレレを買い家でたくさん練習しました。持ち運びも便利で、ギターよりも簡単。弾きながら歌えるのも楽しいし、先生が知りたいことを見せて教えてくれるので、とても分かりやすいです」と話す。

主婦の町田知美(ちえみ)さんは、「ウクレレなら安いし簡単かもと思い、4年前にクラスに参加しました。今は皆で演奏するこの雰囲気が楽しくて」と、ほほ笑む。

レッスン終了後も、さまざまな曲を口ずさみ、演奏を続けていた。

 

今週の先生

SAKAIさん

ウクレレは性別年齢に関係なく誰でも簡単に弾けるので、音楽を奏でる幸せを気軽に体験できる楽器です。楽器をマスターするのは難しいと諦めていた人も、一度体験してください。クラスではジブリやディズニーの曲など、親子で楽しめる曲も教えています。ウクレレは早い段階から教わると音楽教育にとてもいいので、ぜひ子供さんと一緒に習ってほしいです。

Ukulele Group Lesson

初心者クラスは、第1・第3月曜日の正午〜午後1時、
経験者クラスは、第2・第4月曜日の正午〜午後1時に開催。
詳細は問い合わせを。
【問い合わせ】sakepump@gmail.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1103

奥深い中国茶の世界

今ひそかにブームとなっている中国茶。お茶の発祥の地、中国で生まれた奥深い中国茶を知って、さまざまな香りや味、飲み方を楽しめる魅惑的なお茶の世界を旅してみよう。

Vol. 1102

本格的に春が到来 NY近郊の桜スポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。

Vol. 1101

一味違う! アカデミー賞
今月25日に開催される、「第93回 アカデミー賞授賞式」。新型コロナウイルスの影響で、同授賞式も例年と異なる形で開催される予定だ。俳優のスピーチや衣装など、何かと話題になる同授賞式の見どころを、徹底紹介していく。

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。