慌ただしい朝のマインドセット 丁寧な指導で健康な体作り

 

とある金曜日の朝9時30分。メトロノースのスカースデール駅にほど近い、パテル杉浦奈美先生の自宅スタジオに、ヨガマットを抱えた日本人が集まってきた。丁寧にお辞儀をして出迎えるパテル先生に、「おはようございます!」とうれしそうに話し掛ける。

ヴィンヤサヨガをメインに取り入れた、パテル先生のモーニングヨガクラスは、通常3〜5人規模。この日は初参加の生徒含め、8人が集まった。ほとんどが、ウェストチェスターで暮らす主婦たち。

「まずは寝た状態から始めましょう」とパテル先生。

「ゆっくり深呼吸。朝、子供たちを送り出して、バタバタしていたかと思いますが、この時間は自分のためだけに使ってください」

静かなパテル先生の言葉に、生徒たちはリラックスしたように、目を閉じる。

パーソナルトレーナーの資格も有するパテル先生は、マインドフルネスやリラクゼーションはもちろん、健康で美しい体づくりのプロ。このクラスでは、自分の体とじっくり向き合い、無理ないペースで動かしていく。相談に応じて、パーソナルコーチングも行っているそうだ。

 

モーニングクラスは、呼吸と動作を重視するヴィンヤサヨガをベースに、フィットネスの要素も取り入れている

 

このクラスを、個々の体調や前回のクラスでのパフォーマンスなどを振り返る「自分を見つめる時間」にしてほしいと、パテル先生

 

この日は、チャクラが宿り、特に女性にはトラブルが起こりやすい生殖器もある、下腹部を中心に鍛えるポーズがテーマ。「人間の感情がくすぶっているところ。動かすと、気分がすっきりします」という先生の言葉に、一同、期待の表情。

ポーズ指導は、体の動きを言葉で、丁寧に分かりやすく解説することがモットー。「膝が鋭角にならないように気を付けながら、曲げます」「胸を立てるときは、しっかりと肩甲骨が近付くように」と、ハキハキと順序立てて説明していく。静かな空間で、生徒たちは、自分の動きだけに集中していた。

難易度の高い「ダブルピジョンのポーズ」にも挑戦。両足を内側に折りたたむポーズだが、生徒はどこか余裕の表情。すかさず先生が「あぐらになっていませんか? 足は交差させずに」と指摘すると、途端に「いたた!」「きつい!」とあちこちから悲鳴が。先生は「そう、それです」と苦笑いしつつ、正しく体の筋が伸びているか、個々を丁寧にチェックして回っていた。

全てのポーズを終え、クラスは最後に、5分間の瞑想(めいそう)で締めくくられた。

劉(りゅう)浩美さんと斎藤香織さんは、それぞれ友人の紹介でパテル先生のヨガクラスに通い始めたという。クラスを終えた2人は、「一から丁寧に、分かりやすく教えていただけるのがうれしいです。先生も落ち着いていて、スパルタ過ぎず、しっかり指導してくれました」と、達成感にあふれた晴れやかな表情を浮かべていた。

クラス後は自然とみんなで集まり、おしゃべりタイム。ウェストチェスター在住主婦たちの、情報交換の場としても重宝されていた。

 

クラス後は、和気あいあいとした雰囲気に

 

今週の先生
パテル杉浦奈美さん

筋力を付けることで、けがをしにくい体にすることを目指したクラスでもあります。ヨガなのでウエイトは使わずに、自分の体重という最低限の負担を掛けて、安全に体を動かします。ヨガの深い知識がない人も、私がしっかり指導しますので、「気持ち良い」と感じてくれれば、それで十分。健康志向の人はどなたでも歓迎です。男性の参加もお待ちしています!

 

Yoga Life Westchester

パワーヨガクラスや、英語でのヨガクラスもある。
希望者には、レベル別のプライベートレッスンも受け付ける(要相談)。
モーニングクラスは毎週金曜日催行で、初回お試しは10ドル。
【問い合わせ】yogalifewestchester.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!