妊婦に寄り添うドゥーラ 情報を得て安心出産

日本で看護師経験を持つ、出産・産後ドゥーラ(産前産後の母親をサポートする専門家)で チャイルド・バース・エデュケーターの伊東清恵さんによる「妊婦さんクラブ」が、ユニオンスクエアで開催された。

「ニューヨークで出産予定の妊婦さんに、日米の出産の違いや出産に備えて知っておくべき情報をお届けします」と、伊東さん。

ヨガ講師でもある伊東さんは、クラスの最初と最後には、呼吸法も取り入れている。ゆっくりと呼吸を整え、リラックスしてから着席。自己紹介の後に、日米の出産の違いを説明していく。「自分に合った医師選びがとても重要」と、伊東さん。「私のかかりつけの医師は、あまり教えてくれないんですが」と言う妊婦さんに、「米国では自分から聞かないと教えてくれないことが多いです。こちらから聞けば教えてくれる医師がほとんどですが、自分に合わないと思ったら、勇気を持って医師を変えて欲しい」と話す伊東さん。

「検診での超音波の使用」、「妊娠中、産後の食べ物」、「無痛分娩」、「入院期間」の他、「麻酔事情の違い」や、「出産2日後には帰宅する」といった説明に参加者たちは、真剣にメモを取っていた。

 

クラブは、妊婦さん同士にとって交流の場でもある

クラブでは、妊婦さんがニューヨークで安心して出産するために必要な情報を提供している

 

伊東さんが作成したテキストには、出産病院の情報をはじめ、入院中や産後に必要なグッズリストも盛り込まれている他、病院の具体的な検診の様子や食事、個室の金額など、伊東さんが知り得た情報を惜しみなく提供してくれる。

「米国の病院には助産師さんが少ないので、出産時にドゥーラが付き添ってくれると安心できます」と、ドゥーラが出産時のサポート、産後の家事のヘルプも行うことなども解説。最後の質問コーナーでは、マタニティーヨガ、ベビーベッド選びなど、さまざまな質問が飛び交った。

友達の紹介で参加した茂木彩花さんは、「日本語で出産の情報を得たかったことや、他の妊婦さんたちと交流したくて参加しました。先生の知識と経験が豊富で教え方も分かりやすく、今日は充実した時間を過ごせました」と明るい笑顔で話してくれた。

10月出産予定の谷口良子さんは、「日本から来てすぐに妊娠が分かり不安だったので、友達作りのために参加しましたが、皆さん同じ悩みや心配を抱えているのだなと気持ちを共有できました。病院の情報やドゥーラのことも知ることができてよかったです」と声を弾ませた。

ロングアイランドシティーから参加の吉川奈緒美さんは、「初出産なので日米の違いも分からず、病院で自分から質問をしてもいいのかすら不安でしたが、先生のお話を聞いているうちに心の準備ができました」と感謝していた。

「自分のお産なので、自分が納得いくように準備して、自分らしい素敵なお産をしてください」と伊東さんは願っている。

 

出産間近な妊婦さんたち。「妊活中の方も歓迎」とのこと

 

 

Maternity Club

日本語出産準備クラス、マタニティーヨガ、ベイビー&ミーヨガクラスを開催。
出産・産後ドゥーラサービス、授乳指導なども実施。詳細はお問い合わせを。
【問い合わせ】kiyoedoula@gmail.comkiyoe doula.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。