控除(deduction)について弁護士が考える”控除・減額”

今月のテーマ:タックスリターン

仕事にかかった諸経費はもちろん、日本での確定申告では該当しないような支出も、税金控除の対象となる場合がある。ケース・バイ・ケースなので詳細は会計士に相談したいが、まずは基礎知識を知ろう。


 

 

Q. 控除(deduction)について知りたいです。

A.

タックスリターンの際に経費などを申告して収入から差し引き、税額を抑えることを指します。交通費や仕事に必要な機材にはじまり、非営利団体やチャリティーへの寄付など、一般的な「経費」のイメージにはない項目も控除の対象になります。

標準控除(standard de-duction)は1万2200ドル(夫婦合算は2万 4400ドル)までで、誰でも申請できます。これと別に項目別控除(itemized deduction)もあります。それぞれの経費を個別に申請する方式で、もし標準控除よりも合計金額が多くなったら、この項目別控除を使って申請すると得する可能性があります。家を持っている、申請する州の税金が高いといった人は、この項目別控除を選ぶことが多いですね。

Q. 医療費も控除対象と聞いたのですが、どこまでが範囲ですか?

A.

認可された医療費のうち、収入の10%以上の金額がかかると控除対象です。医院での診察、治療、疾患予防の他、処方箋、医療保険料も該当します。また、医療・介護保険、介護サービス、禁煙プログラムなどの費用も対象と見なされます。冷暖房器具や除湿機などが当てはまることもありますので、会計士に詳しく相談してみてください。

Q.クレジット(credit)は、控除とは何が違うのでしょうか?

A.

控除では収入から経費を引いた差額に税金が発生しますが、クレジットは税金そのものを減額できる制度です。高等教育の学費(最大2000ドル)、国外での収入にかかる所得税などが主に挙げられます。控除と併用して申請します。

17歳未満の子供がいる家庭は、最大1000ドルが対象となる他、共働きの家庭の合算申請の場合は、13歳未満の子供の養育費も対象になります。最大3000ドル(2人以上子供がいる場合は最大6000ドル)の20〜30%相当です。デイケア、サマーキャンプ、ベビーシッターを利用時に申請できます。

Q. 新型コロナの影響を受けて、申請時に気を付けたいポイントは?

A.

連邦政府による救済支援措置「CARES Act」による、中小企業への融資プログラム、PPP(paycheck protection program)では、経費の取り扱い方が少し変わるので注意ですね。

PPPは従業員の平均給与月額の2・5カ月分(個人事業主は算出方法が異なる)を借り入れられるもので、昨年8月8日まで申請を受け付けました。昨年12月31日までに利用すると返済が免除される制度です。受給額のうち、60%以上を従業員の給与に、残り40%を家賃、光熱費、インターネット費、モーゲージなどに充てた場合、返済義務がありません。

Q.PPP以外で押さえておきたいことは?

A.

昨年3月12日〜12月31日まで、事業主は従業員の給与の50%をクレジットとして受け取れました。部分・完全休業した、あるいは四半期の売り上げが前年同期比で50%以下だったことが条件です。ただし、PPPを給与に充て、返済が免除されている場合、このクレジットの併用はできません。

〈おことわり〉

当社は、掲載記事の内容に関して、一切責任を負いかねます。詳細は各専門家にご相談ください。

 

 

尾崎真由美会計士

ワシントン州CPA、ニューヨーク州会計士。
東洋大学法学修士、経営学修士。
アメリカ全域および日本に、会計・経理代行サービスや税務コンサルティングなどを行っている。
フロリダのオフィスから完全リモートで、問い合わせから12時間以内に対応する。

 

 

尾崎会計事務所

18001 Old Cutler Rd., Suite 454
Miami, FL 33157
TEL: 877-827-1040
info@1040me.com
1040me.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。