スティーブン・エプステイン弁護士に聞く④飛行機事故でのけが

今月のテーマ:事故に遭ったら

連載の最終週は、飛行機事故について。発生自体はとても珍しいが、実際に起こり得る可能性は十分にある。今後も日本と国外を行き来する可能性があるならば、基礎知識を知っておこう。

 

Q. 飛行機事故でけがをした場合、どこに責任を問うのでしょう?


A.

被害者の家族、そして生存者は、航空会社および飛行機機体の製造元、その他事故原因に関連する人物・団体を相手取って、さまざまな法的訴訟を行うことができるでしょう。事故原因を精査することがポイントです。

多くの原因は、次のものが挙げられます。

▽操縦士(パイロット)の過失▽部品の欠損▽機体の構造またはデザインの欠陥▽航空交通管制の過失▽機体のメンテナンスまたは修理の不足▽給油トラブル

原因究明は非常に困難で、高額を要します。商業用飛行機サービスでの事故の多くは、災害に基づく連続したエラーが原因です。

 

 

Q. 原因究明はどのように行われますか?


A.

飛行機事故の大半は、国家運輸安全委員会(NTSB)が事故調査を担いますが、場合によってはFBIと連邦航空局(FAA)が手を貸すこともあります。さらに、訴訟の原告とその弁護士といった個人も、独自に調査を行うことがあります。

飛行機事故に基づく法的訴訟には、いくつか種類があります。また、事故を理由に訴えられるであろう人物や団体も多岐に渡ります。

機体の所有者および操縦者は、まず責任を問われるでしょう。製造元と修理担当者も責任があるとみなされます。時には連邦政府も、事故の責任の一部を問われます。

原告側は、機体操縦やエンジニアリング、規則などにおいて、法的責任者(企業・団体)が業界のスタンダードレベルに達していないことを証明しなければなりません。

 

Q. どこの国の法律が適用されますか?


A.

もしも事故が国内線(domestic flight)で生じた場合、米国政府の規則・規制が、心身損害の訴訟に影響をおよぼすことになります。

国際線(international flight)は、国連機関の一つである国際民間航空機関が1999年に採択した国際空輸条約「モントリオール条約」が管理しています。もし事故に関して航空会社の過失が見つかった場合、モントリオール条約が、国際通貨基金(IMF)によって算出された金額を上限に、航空会社が責任を負うことを規定します。

価格は常に変動していて、現在、米国の乗客1人につき17万ドル相当となっています。

 

Q. 個人のけがについては、どの観点から訴訟が行われますか?


A.

個人が訴訟を起こす場合、個々の飛行機事故の要因は異なりますが、個人のけがおよび事故が理由の死亡については、過失、製造物責任またはその両方の法律学によって、裁量が決まります。

過失とは、何か行動を起こす(あるいは起こさないようにする)ことに失敗したことを指す法律用語です。危害を与えかねない、予見できるリスクから他者を守るために、ある人物がさまざまな要因から行動を起こした状態です。

操縦士、航空会社のメンテナンス担当者、そして主要な航空会社は、航空事故が発生した際に過失に問われる可能性があります。製造物責任は、欠陥物の製造者および販売者に法的責任を問うものです。

 

〈おことわり〉

当社は、掲載記事の内容に関して、一切責任を置いかねます。詳細は各専門家にご相談ください。

 

 

 

スティーブン・エプステイン弁護士

ニューヨーク州認定弁護士。
ブランダイス大学、ニューヨーク大学ロースクール卒業。
全種事故を中心に、当地で20年以上の実績を持つ。
その他の取り扱いは、民事訴訟、会社法(設立、契約)、家庭法(離婚)など。
コロナ禍の現在も相談受付中。

 

Steven W. Epstein, ESQ

5 W. 37th St., Suite 642
(bet. 5th & 6th Aves.)
TEL:  212-729-9164(日本語)
epsteinlaw@yahoo.com
epsteinlaw.nyc

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。