ジア・キム弁護士に聞く ②信託の仕組み

今月のテーマ:老後の備え

今号は、日本人にはいまいちなじみの薄い制度である「信託」について解説する。やや複雑だが、米国での相続手続きでは多くのメリットがあるので、覚えておいて損はない。

 

Q. 国ならではの、相続手続きの問題点はありますか?


A.

裁判所を通した相続手続きのことを、プロベート(Probate)と呼びます。プロベートは費用も時間も掛かるので、エステートプランでは、いかにプロベートを避けるかが重要になってきます。前号で遺言の重要性を解説しましたが、遺言はあくまで「相続の道筋」を示すもので、これだけではプロベートは避けられません。

またプロベートは公的文書なので、裁判の過程や個人情報は全て公開されます。故人が不動産物件を所有していた場合、プロベートでは物件の金額や所有者情報がすべて開示されてしまい、相続者のプライバシーが侵害される恐れがあるのです。そこで注目されるのが、信託(Trust)です。

 

Q. 信託とはどんなものですか?


A.

所有する不動産物件や財産、証券取引口座など(ここでは「アセット」と呼びます)をまとめて入れている、金庫のような存在です。アセットの元々の持ち主を委託者(grantor)、そして金庫の中のアセットを受託者(beneficiariesのために守って管理する義務を持っている人が、信託管理者(trusteeです。この両方の私的契約が、信託です。

例えば、Aさんが自分の財産であるアセットをまとめた信託(金庫)を作るとします。その時点で、各アセットの所有権はAさん(委託者)ではなく、「A信託」に移り、個人の所有物ではなくなります。すると相続手続きでは、裁判所が本来追及するべきAさんの遺産が存在せず、プロベートが発生しません。米国で信託が多く使われるのは、ここに理由があります。やや複雑ですが合法な手段です。

 

 

Q. 信託内の財産はどう相続するのですか?


A.

Aさんが、信託管理者を指名します。信託管理者は委任(power of attorney前週参照)に近い権限を持ち、A信託のアセットを自由に扱う権限を持ちます。委任は一定期間が経過すると効力を失い、定期的に更新する必要がありますが、信託管理者は基本、永久的に同じです。
Aさんが生前に作ったものは生前信託(
living trust)と呼ばれます。このケースでは、Aさんは委託者と受託者を兼ねており、信託内のアセットを自由に出し入れできます。Aさんが無能力または無意識になった際の、代わりの信託管理者となる人物を、信託文書内で定めておくことができます。またAさんの死亡時も、配偶者と子供がアセットの受託者だとあらかじめ決めておけば、彼らはプロベートなしでAさんの財産を相続できるのです。

ただし、信託がある状態でも遺言書の作成は必須です。信託に加え損ねたアセットが残っている恐れがあるからです。ここで作成する遺言では、プロベート対象となるアセットがあった場合に、そのアセットの相続先が信託であることを明記しておきます。

 

Q. 相続以外でのメリットはありますか?


A.

効率的な節税計画、財産の保護、慈善活動なども信託のメリットとして挙げられますが、もっと一般的なのは、メディケイド(医療給付金制度)取得のための信託設立です。経済的な受給条件があるので、これをクリアするために信託を作るケースもよくあります。メディケイドについては、次週詳しく解説します。

 

 

ジア・キム弁護士

ニューヨーク州、ニュージャージ州弁護士。
ハンプシャー大学を経て、フォーダム法科ロースクール卒業。
米国および国際エステートプランや、メディケイド財産保護計画などを専門に担当。
英語、韓国語、日本語、スペイン語で相談可能。
Pierro, Connor & Strauss, LLC」で業務を担当。

 

Pierro, Connor & Strauss, LLC
60 E. 42nd St., 46th Fl.
TEL: 646-248-6139(日本語)
info@jiahkimlaw.com
pierrolaw.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。