この店の話題をひとくち

【ソブレメサ】クイーンズ区の注目エリアにオープンした大盛りナチョスが話題のメキシカン

ソブレメサ

クイーンズ区の注目エリアにオープンした大盛りナチョスが話題のメキシカン

「ステーキナチョス(12.95ドル)」は、大盛りサイズのようなボリュームで普通サイズのナチョスは食べ応え満点。具材はプレーン、ステーキ、チキンティンガ、豚肉の煮込みのカーニタス、漬け込んだ豚肉、チョリゾー、海老、マッシュルームから選べる

店名のソブレメサとは、スペイン語で素晴らしい食事の後に家族や友人とテーブルサイドで過ごすゆっくりとした時間のことを表す言葉。窓に面したカウンターに3席ほどしかない店内だが、現代的なメキシコの雰囲気でスタイリッシュなインテイリアが魅力的だ。

同店は、クイーンズ区の中でも最近開発が進んでいる話題のエリアで、周辺にはオープンして間もないおしゃれなショップや飲食店が目立つ。隣はクラフトビール醸造所&タップルームの「フォーカル・ポイント・ビア・カンパニー」があり、客の大半が同店で料理をオーダーし、ビールとともにメキシカンフードを楽しんでいる。

「タコス・デ・カリフラワー(9ドル95セント)」は、ビーガンの人にもOK。ごまやピーナッツ、チリで炒めたカリフラワーに、パクチーとライムがメキシカン気分をぐっと上げてくれる

「タコス・アル・パストー(11ドル95セント)」は特製タレに漬け込んだ豚肉を強火でさっと炒め、豚肉と相性のよいパイナップルをトッピングしたタコス

中でも人気なのが、普通サイズなのに大盛りサイズのような具沢山ナチョス。ステーキや海老、マッシュルームなど8種類の具材から選べ、フレッシュなトマトと玉ねぎ、パクチーにワカモレがたっぷりとかかった一品。他には、ブリトーやタコス、エンパナーダ、グリルしたとうもろこしをたっぷりのスパイスで味付けした「エスキーテ・デラ・カーサ」なども評判だ。


Sobremesa Cocina Mexicana

43-56 12th St., Queens, NY 11101

TEL: 917-832-6131

sobremesamexicana.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。