クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム

今日もビールがうまい! クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム <Vol.23>

本場アメリカのブルワリー&ビア・バー巡り

米国にはブルワリーと呼ばれるクラフトビール醸造所が多く存在する。国内においてブルワリーの数は9,200以上(※1)、ニューヨーク州だけでも440以上あり、大手ビールメーカーにまで成長した醸造所もあれば、地元の人々に長年愛されているような小さな醸造所もある。そんなビールの歴史と奥深さを探求し、ニューヨークを中心に注目のブルワリー&ビアバー紹介していく。

(※1)アメリカ・ブルワーズ・アソシエーション調べ/www.brewersassociation.org


ニューヨーク市内に8カ所(グラマシー、セントマークス、マレーヒル、チェルシー、ヘルズキッチン、アッパーイーストサイド、アッパーウエストサイド、デカルブマーケットホール)も展開するボトルショップ兼ビアバーの「クラフト&キャリー」は、今最も勢いのあるクラフトビール小売店の一つ。ニューヨーク産を中心に東海岸から南米やヨーロッパのものまで取り扱い、ビールだけでなくサイダーやこだわりのクラフト・ノンアルコール・ビールなど常時400種類ほど取り揃えている。

毎日のように新しい醸造所がオープンするニューヨークで、顧客に対してビールのキュレーターのような存在として最新で最もおいしいビールを提供することにフォーカスしているのが同店コンセプトなんだそう。

スキーボールのゲーム機

スタッフ推薦の3本。左からガーナービルという小さな街の「ラウンド・テーブル・ブルワリー」、CT州「ティンバーエールズ」のブルーベリーパンケーキ風味のビール、ブラジルにある日系女性ブルワーが醸造する「ジャパス」

今回は、2020年にオープンしたマレーヒル店を訪れた。パンデミックによるロックダウン開始直前にオープンした同店だが、フレンドリーなスタッフと幅広いセレクションで高層コンドミニアムが多く建ち並ぶこのエリアの住民らから支持を集め安定の人気店という地位を築いたようだ。

昔の映画のポスターが壁一面に貼られているレストルームはノスタルジックな雰囲気

麦の甘味とホップの苦味のバランスが程よいドイツスタイルのラガーはNJ州にある「モンクレアブルワリー」のもの

席は店内と屋外にあり、天気のいい日は外で飲むビールが最高。近隣にはインドやタイ、イタリアンなど各国の料理が楽しめる飲食店が軒を連ね、テイクアウトをしてから同店でビールと食事を楽しむのもおすすめである。


可愛らしい赤いフーレムが目印

Craft+Carry Murray Hill

440 3rd Ave.

TEL: 917-265-8595

craftandcarry.beer

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。