この店の話題をひとくち

【竹田】寿司の流れに身をまかせ「桜の季節限定」メニューに耽溺

竹田

寿司の流れに身をまかせ「桜の季節限定」メニューに耽溺

メニューはお寿司を中心とした全19品のおまかせ(280ドル)のみ。いうまでもなく食材は日本各地からの直輸入。コースの皮切りである寿司飯作りから手の込んだ和風デザートまで、約2時間。春のおまかせコースは4月末日まで

オーナーシェフの竹田幸弘さんは大阪出身。30年以上にわたって和食の真髄を極めるべく、煮物、焼き物、お造り、鍋、蒸し物などあらゆるジャンルの研鑽に努めてきた。8人がけのカウンターに三方を囲まれた小さなオープンキッチンで黙々と調理をする。工程の全てが一人芝居の如くお客の目の前で流れてゆく。セリフのほとんどない主役の竹田さんだが、その包丁さばきと無駄を排した所作は見る者のため息を誘う。

おまかせコースには、握り寿司だけでなく、宝石のように繊細な小鉢料理がいくつも盛り込まれており、内容は季節ごとに替わる。オープニングはアワビの酒蒸し。続く鹿児島産ブリは驚きの「藁スモーク」仕立て。

4月限定という甘鯛は、ほんのり香る桜蒸し。添えられた桜花片につい見とれる。小鉢でイヤというほど味蕾をくすぐられたら、お待ちかね「にぎりタイム」。北陸ののどぐろ、北海道のボタンエビ、千葉の金目鯛と各地の鮮魚が次々に舌の上で踊る。ここで、ニューヨークでは珍しい福井のズワイガニの出番となりショーは最高潮に向かうのだが、その先は読者ご自身ご自分の舌で体験あれ。


Takeda

566 Amsterdam Ave.

TEL: 646-370-6965

takedanyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。