この店の話題をひとくち

【チョーラ】香辛料と食材の優雅な共演 ホスピタリティー溢れるインド料理

チョーラ

香辛料と食材の優雅な共演 ホスピタリティー溢れるインド料理

「ムグライビリヤニ/子羊肉(24ドル95セント)」は、バスマティライスというお米とハーブたっぷりのカレーとスパイスでマリネした子羊肉を炊き上げた料理。ナンに覆われた部分を切って開けるとふわっと香りがたち食欲をそそる

ニューヨークタイムズ紙やミシュランガイドから称賛を獲得している高級インド料理店チョーラは26年に渡り、アッパーイーストサイド地区でその確固たる地位を守り続けている。創設者のシヴァ・ナタラジャンさんはニューヨークにおいてインド料理の先駆者として名を馳せた人物。彼の成功の秘訣は「お客様は神」という言葉をもってホスピタリティー溢れる接客と、喜びを与える料理を提供することをモットーにしていることだ。現在は彼の弟子であるミン・ブジュルさんが受け継ぎ、素晴らしいサービスで同店の魅力をさらに高めている。

「ラスニゴビ(13ドル95セント)」は甘辛く味付けしたクリスピー食感のカリフラワー。少し酸味もありクセになるお味だ

「マルヴァーニ・フィッシュ・カリー(28ドル95セント)」は肉厚の白身魚が入ったカレーで辛さは上級者向け

インドといえば、香辛料たっぷりの味も香りも豊かな料理が多く、宗教上の関係、野菜やハーブをメインにした料理が多く、ベジタリアンやビーガンにも嬉しい。肉や魚介好きの人には子羊やヤギのグリルや、タンドリーチキン、海老や魚が入ったカレーなどが人気だ。また、特製のギーと豆やクミンで味つけしたものや、ココナッツ、ハーブで炊き上げたものなどライスの種類だけでも6種類あり、スタッフが料理に合うものをおすすめしてくれる。


CHOLA

232 E. 58th St.

TEL: 212-688-4619

cholany.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。