クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム

今日もビールがうまい! クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム <Vol.19>

本場アメリカのブルワリー&ビア・バー巡り

米国にはブルワリーと呼ばれるクラフトビール醸造所が多く存在する。国内においてブルワリーの数は9,200以上(※1)、ニューヨーク州だけでも440以上あり、大手ビールメーカーにまで成長した醸造所もあれば、地元の人々に長年愛されているような小さな醸造所もある。そんなビールの歴史と奥深さを探求し、ニューヨークを中心に注目のブルワリー&ビアバー紹介していく。

(※1)アメリカ・ブルワーズ・アソシエーション調べ/www.brewersassociation.org


グリーンポイント地区にあるビアバーのブラウリーレーンは、ホームブルワーと呼ばれる家庭でビールを醸造する人々や、ビール愛好家たちの溜まり場的な存在として知られている。同店は、クラフトビール醸造所のグリーンポイント・ビア・アンド・エールのオーナーであり、ビール輸入業者のエド・レイブンさんが2010年にオープンした店で、主に国内のクラフトビールを中心に扱っている。

ドイツ北部にある町イェバーで醸造されたイェバーピルスナー。スパイシーで力強い香りが特徴的

コロラド州にあるクルケッドステイブ醸造所のバーボンとウイスキーの樽で熟成させたダークサワーエール

他にもベルギーやドイツなどのヨーロッパ系も取り揃えており、シーズンごとにさまざまな種類のビールに出会うことができるのだ。同店の名前は、オランダ語で「ビール通り」を意味するんだそう。

店を入るとすぐ目に飛び込んでくるのは黒板に描かれたドラフトビールの名前の数々。店内で喉を潤す場合は、ブルワリー名、場所、スタイル、アルコール度数、味のコメントなどが書かれた黒板を参考にオーダーするというシステムだ。約20種類あるメニューは毎週入れ替わるので、訪れるたびに新しいものがトライできるのも嬉しい。

常時200種類ものビールやサイダーが店内の冷蔵庫に並ぶ。季節ごとにさまざまなスタイルのビールが楽しめる

レストルームには、オープン前からの歴史を感じるいくつか写真の展示がされている

ここを訪れる客の大半が「ここは1人できても気軽に他の人と話せるので自然とビール仲間が増える」と口を揃えて話すそう。平日週末問わず、そして男女問わずフレンドリーに会話を交わせる空間の中、深め合う親交とビールの知識は、もしかすると一番のつまみなのかもしれない。


オーダーに悩んだら店長のイバンさんにその日のおすすめを聞いてみよう

Brouwerij Lane

78 Greenpoint Ave., Brooklyn, NY 11222

TEL: 347-529-6133/brouwerijlanenyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。