クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム

今日もビールがうまい! クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム <Vol.18>

本場アメリカのブルワリー&ビア・バー巡り

米国にはブルワリーと呼ばれるクラフトビール醸造所が多く存在する。国内においてブルワリーの数は9,200以上(※1)、ニューヨーク州だけでも440以上あり、大手ビールメーカーにまで成長した醸造所もあれば、地元の人々に長年愛されているような小さな醸造所もある。そんなビールの歴史と奥深さを探求し、ニューヨークを中心に注目のブルワリー&ビアバー紹介していく。

(※1)アメリカ・ブルワーズ・アソシエーション調べ/www.brewersassociation.org


500種類以上ものビールと20種類以上のドラフトビールを扱うビール専門店のトップ・ホップス・ビール・ショップ。入手困難なビールやヨーロッパ、米国内のレアなビールなどオタク級の品揃えが自慢だ。新しいクラフトビールファンからビールマニアまでとにかくビール好きが喉を潤しに集まる。

大きな髭がトレードマークのオーナーのテッド・ケニーさん

プライベートパーティーやイベントなどで振る舞われるクラフトビールは専用のアイコニックなトラックからサーブされる

オーナーのテッド・ケニーさんは、元々ローワーイーストサイド地区の中心にあるオーチャード通り沿いに最初の店を構えたが、2021年の春に建物の売却により創業以来9年間愛され続けてきた店舗を閉店した。現在は、エセックスマーケット内と、ユニオンスクエアのアーバンスペース内に店舗を設ける。また、プライベートパーティーや企業イベントへの出張を行いクラフトビールの魅力を広めている。

2021年に閉店となった第一号店。最終日は多くのファンが訪れたそうだ

クラフトビール専門家のケビン・ブルックスさんによる90分のクラスでは6種類のビールが紹介されながら学ぶことができる。軽食つき

同店ではビールとチーズのペアリングが楽しめるクラスや、クラフトビールの専門家から学べるクラスが設けられており、ビールの次なるステージを体験できるのも魅力だ。「エールとラガーの違い」や「そもそもビールは何から作られているのか?」などビールの基本知識を始め、主要なビールのスタイルや味、ホップや酵母、大麦の種類などを学ぶことができる。上質のビールを嗜みつつビール好きの仲間とともに知識を深めることができる。これぞクラフトビールの醍醐味ともいえよう。


フードコート内を散策しながらビールに合うおつまみ探しみもできる

Top Hops Beer Shop

88 Essex St.

TEL: 917-261-2561

tophops.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。