この店の話題をひとくち

【サバイ・タイ】寒さ増す季節にも心が踊るタイ料理のスパイスマジック

サバイ・タイ

寒さ増す季節にも心が踊るタイ料理のスパイスマジック

「ロブスターパッタイ(39ドル)」は甘辛のスパイスが効いて、プリプリの食感が楽しめるロブスターとモチモチしたライスヌードルが口の中で絡みあう。他には薄焼の玉子で包んだオム風パッタイなどもある

タイ料理店サバイ・タイは、オーナーのカラン・ダリヤナニさんが、タイ語で「心地よい」という意味をもつ「サバイ」に、ゲストの幸せを願って名付けたホスピタリティーが溢れるレストラン。入り口ではタイ王室の伝統的な衣装であるチュットタイを着用し、両手を合わせた笑顔のスタッフがお出迎え。まるでタイを訪れているかのような心地よい空間が魅力だ。

同店では、ベジタリアンやグルテンフリーのオプションが豊富で、料理の種類もさまざま。定番のトムヤムクンやパパイヤサラダ、グリーンカレーなどはもちろん人気だが、中でも話題なのは豪快にロブスターがトッピングされた魚介の旨味を堪能できるパッタイだ。

「マッサマンカレー(27ドル)」は、濃厚なココナッツミルクのコクと芳醇なスパイスが詰まった一品。代謝アップで心身共に温まるはず

「ピンク・ライチ・マティーニ」は果物の女王と呼ばれるライチを使用したカクテル。ハクウォッカやライチ、レモンが入った爽やかな口当たり

モチモチとした麺に具材が絡み甘辛いスパイスが効いて箸がすすむ。タイのカレーがお好きな方には、マッサマンカレーがおすすめ。

玉ねぎやジャガイモ、ピーナッツが入っておりチキンまたはフランクステーキから選べ、平たいパンのロティチャナイをディップしながら食べる。タイ料理に使われるスパイスは免疫や新陳代謝を高める効果があるので、南国リゾート気分を味わいながら健康にもいいとあれば一石二鳥。


Sabai Thai

432 Park Ave. S.

TEL: 646-476-4521

sabaithai.nyc

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。