クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム

今日もビールがうまい! クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム <Vol.17>

本場アメリカのブルワリー&ビア・バー巡り

米国にはブルワリーと呼ばれるクラフトビール醸造所が多く存在する。国内においてブルワリーの数は9,200以上(※1)、ニューヨーク州だけでも440以上あり、大手ビールメーカーにまで成長した醸造所もあれば、地元の人々に長年愛されているような小さな醸造所もある。そんなビールの歴史と奥深さを探求し、ニューヨークを中心に注目のブルワリー&ビアバー紹介していく。

(※1)アメリカ・ブルワーズ・アソシエーション調べ/www.brewersassociation.org


ニューヨークのクラフトビール業界でひときわスタイリッシュな存在感を放つエブス・ブルーイング・カンパニー。「ブルックリンで生まれ、人々のために醸造されるビール」をキャッチフレーズに2020年にウィリアムズバーグ地区に醸造所兼タップルームをオープンした。同年にはデンマークのビール醸造会社ミッケラーがニューヨーク・メッツの本拠地シティフィールドにある醸造所を閉鎖したことを機に、CBDを含む製品を使用したファウンテンと呼ばれるハードセルツァーのファウンテンビバレッジとエブスが1万平方フィートの敷地を引き継ぐ形で醸造所とタップルームオープンし、野球ファンからも愛されるクラフトビールブランドに急成長した。

同ブルワリーの特徴的なパッケージデザインやブランディングを手がけているのは、米国を代表するグラフィックデザイナーのマイケル・ビェルートである。また売れっ子イラストレーターのクリス・デロレンゾや、レナード・コックらとパッケージデザインをコラボレーションして話題を呼んでいる。シンプルに白黒カラーを基調とし、簡単にビールの種類が識別できるように「ラガーNo.1」や「スタウトNo.1」などと醸造スタイルとレシピ番号によって名付けられているのも特徴的だ。

「ラガーNo.1」はドイツスタイルのピルスナー。軽くてクリスプなキレのあるビール。後味にほのかに残るフローラルな香りが特徴

同ブルワリーのIPAの中でも代表的な「IPANo.7」はヘイジーIPAとは思えぬマイルドでトロピカルな味わいが近年、クラフトビール業界ではユニークな名前と派手なデザインを競い合うような風潮があるが、同ブルワリーはそれらとは一線を画すアプローチが感じられる。

近年、クラフトビール業界ではユニークな名前と派手なデザインを競い合うような風潮があるが、同ブルワリーはそれらとは一線を画すアプローチが感じられる。

店内はまるでアートギャラリーのような雰囲気

シティーフィールド店はシーバウェー通り側が入り口になる。試合がある日は開始2時間前からオープンしているので、試合のある日は野球ファンの憩いの場として多くの人で賑わう


週末は地元のバンド演奏やアートイベントなどが開催され、感度の高い若者の集まるスポットとしても知られている

EBBS Brewing Co.

182 N. 8th St., Brooklyn, NY 11211

TEL: 347-763-0035

drinkebbs.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。