クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム

今日もビールがうまい! クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム <Vol.16>

本場アメリカのブルワリー&ビア・バー巡り

米国にはブルワリーと呼ばれるクラフトビール醸造所が多く存在する。国内においてブルワリーの数は9,200以上(※1)、ニューヨーク州だけでも440以上あり、大手ビールメーカーにまで成長した醸造所もあれば、地元の人々に長年愛されているような小さな醸造所もある。そんなビールの歴史と奥深さを探求し、ニューヨークを中心に注目のブルワリー&ビアバー紹介していく。

(※1)アメリカ・ブルワーズ・アソシエーション調べ/www.brewersassociation.org


ニューヨーク初の女性が運営するビール醸造所とタップルームのタレアは、2021年にウィリアムズバーグ地区にオープンして以来、コブルヒル店、昨年10月にはウエストビレッジ店、12月にはブライアントパーク店にタップルームをオープンし、今最も勢いのあるクラフトビールとして注目を集めている。

オーナーのリアン・ダーランドさんとタラ・ハンキンソンさんの名前から由来されたタレアでは、ターゲットとする顧客の70%が女性で、その中にはLGBTQも多く含まれているそうだ。米国にある9,500以上のクラフトビール醸造所のうち、女性が経営しているのはわずか3%だけという現状にリアンさんはプレスリリースで、「男性優位の分野で会社を率いる2人の女性として、ニューヨークやビール業界などのコミュニティーにおいて、他の女性の声を強調するために努力します」と述べ、圧倒的に男性優位のビール業界に改革を試みる女性企業家として期待が集まっている。

すっきりとした後味のベリー系サワービールとイタリアンピルスナーはランチ時にも楽しめる軽めのビール(右下)カラフルで鮮やかなラベルデザインの缶ビールはスーパーマーケットでも購入できる。ホームパーティーのギフトにも喜ばれそう

さて、肝心のビールはというと、タレアのシグネチャーはサワービールとフルーツ風味のビールだ。中でもフルーティーな香りがふわっと漂い、熟した桃と甘美なベリーの魅惑的な後味が人気の「ピーチ・ベリー・パンチ・サワー・エール」は一番人気。他にもタップルームではIPAやピルスナー、季節のビールなど豊富なラインナップの中からフレッシュなビールが楽しめる。最近ではノンアルコールビールの販売もスタートしお酒が苦手な層からも高評価を得ている。

ウエストビレッジ店は剥き出しのレンガと白いマーブルのカウンターが落ち着いた空間を演出していて女性1人でも気軽にビールが楽しめる雰囲気だ(右下)ブライアントパーク店は朝9時よりオープンしておりコーヒーやペイストリーが購入できる


朝はコーヒーショップとしてオープンしているタップルーム。週末はヨガクラスやキッズ向けイベントなど開催している

TALEA Beer Co.

87 Richardson St., Brooklyn, NY 11211

TEL: 347-799-1281

taleabeer.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。