クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム

今日もビールがうまい! クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム <Vol.15>

本場アメリカのブルワリー&ビア・バー巡り

米国にはブルワリーと呼ばれるクラフトビール醸造所が多く存在する。国内においてブルワリーの数は9,200以上(※1)、ニューヨーク州だけでも440以上あり、大手ビールメーカーにまで成長した醸造所もあれば、地元の人々に長年愛されているような小さな醸造所もある。そんなビールの歴史と奥深さを探求し、ニューヨークを中心に注目のブルワリー&ビアバー紹介していく。

(※1)アメリカ・ブルワーズ・アソシエーション調べ/www.brewersassociation.org


ウィリアムズバーグ地区にあるビアホール、ラジェガスト・ホール&ビアガーデンは、本場ドイツから仕入れているビールと焼きたての肉厚ソーセージやプレッツェルなどのドイツ料理が楽しめる。

同店の名物と言えば、ビールグラスもドイツ同様のスタイルの1リットルサイズの特大ビールジョッキだ。「初めてのお客さんは『こんなに飲めるかな…』と呟く人もいますが、意外と皆さんあっさりと飲み干して、2杯目をオーダーする人も多いですよ」とスタッフのアビーさんは話す。また、同店名物のドイツの伝統料理、ブラートブルストを味わうのも忘れてはならない。仔牛肉や豚肉に数種類のスパイスを配合し肉の旨みを最大限に引き出した肉厚ソーセージだ。焼き立てのプレッツェルに挟み、ドイツのお漬物ザワークラウトをのせて食べるのが本場のスタイル。

ドイツで200年以上の歴史を持つロートハウス醸造所で作られるピルスナー。フローラルな香りとキレのよい味わいが魅力。

ドイツの伝統料理ブラートブルストはかぶりつくと肉汁が溢れるほどジューシー。

2007年にオープン以来、ブルックリン区で最も人気のビアホールである同店は、毎年9月末頃に開催されるオクトーバーフェストも人気で、伝統的な特大ビールジョッキの保持競争や、樽叩きの儀式なども行われ毎回大盛り上がりをみせる。ビールは主にドイツから輸入する15種類のドラフトビールが揃い、他にもイギリスとベルギーから傑出したビールなどビールのヨーロッパ旅行気分が楽しめる。寒い冬は熱々のソーセージと味わい深い欧州ビールで体を温めてみてはいかが。

「バイエンシュテファン・ヘフェバイスビア・ドゥンケル」は、バナナのような甘い香りとクローブの風味が特徴

1872年にドイツのザクセン州で初めてピルスナーを誕生させたラーデベルガー醸造所のビアサーバー。王室御用達のビールとして歴代の王に愛されている


天井が高く広々とした店内は最大300名のパーティーも可能。週末には地元の人気バンドによるライブ演奏も行われる

Radegast Hall & Biergarten

113 N. 3rd St., Brooklyn, NY 11249

TEL: 718-963-3973 / radegasthall.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。