この店の話題をひとくち

【シェフ・グゥオ ─ 小国宴】マスターシェフが魅せる 美食を極めた宮廷料理の最高峰

シェフ・グゥオ ─ 小国宴

マスターシェフが魅せる美食を極めた宮廷料理の最高峰


「10品コース・2ペアリングワイン(350ドル)」のメインディッシュとなる鍋は、アワビや車海老、ナマコ、きのこ類、野菜などがふんだんに入った具沢山な一品。すっと入るおいしさで、心身ともに満たしてくれる

ミッドタウン地区に店を構える同店は中国で「マスターシェフ」として知られているシェフのグォオ(Guo Wenjun)さんが手がける高級中華料理レストランだ。中国の伝統的な料理にキャビアやフォアグラなどの高級食材でアクセントを加え、栄養価の高さにこだわった料理を提供している。美しく洗練された店内には彼の個人コレクションである200年前の工芸品や中国から輸入した希少価値のある調度品がディスプレイされている。

「ビー・フェン・タン・シーバス」は、中国のスパイス、ニンニク、パセリで
味付けした衣で白身魚を軽く揚げたもの

「北京ダックのローストとフォアグラ・チェリー添えて」は、チェリーに似せてビーツで巻いたフォアグラを添えたシベリア産キャビア、紫芋のピューレを添えたスライスマンゴーをトッピング

10品のコース料理は、どれも彩鮮やかな繊細な盛り付けで、目でも愉しまさせてくれる。中でも、香港の船漁師料理からインスピレーションを得た白身魚の揚げ物や、脂が乗った北京ダックのローストとフォアグラ・チェリー添えは味だけでなく芸術的な食感も楽しめる。メインには、鶏と豚肉を10日間煮込んだスープに、アワビや車海老、タケノコ、椎茸、ヒラタケなど20種類以上の具材が入った豪華な鍋が登場。具材の旨味が詰まった鍋は体の芯まで温まる優しい味わいだ。また、鍋は手作りの七宝焼きを使用し、その美しいデザインはまさに美術品そのもの。


 

Chef Guo─小国宴

135 E. 50th St.

TEL: 212-866-9888

chefguo.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。