この店の話題をひとくち

【ホルトゥスNYC】高級食材にアジアの食文化を落とし込んだモダンな韓国料理

ホルトゥスNYC

高級食材にアジアの食文化を落とし込んだモダンな韓国料理

「ウニと黒トリュフ(43ドル)」はふっくらとした新鮮な生のウニとスライスした黒トリュフの豪華な丼ぶり。黒トリュフの下にかくれている磯の香りを引き立てる海苔のピューレとイクラ、塩漬け卵黄をご飯と混ぜるとリッチな味わいが口いっぱいに広がる

コリアンタウン地区の5番街沿いに店を構えるホルトゥスNYCは、エグゼクティブシェフのムーンさん(SangMin“Lenny”Moon)のルーツである韓国と中国、日本、そして東南アジアの食材に美とモダンな要素を吹き込んだアジアンフュージョンが堪能できる店だ。

広々とした店内はオープンキッチンとシェフズ テーブルを備えたバーダイニング、 2階には通りに面した大きな窓のあるメインダイニングルームと屋外ダイニングで食事を楽しむことができる。

同店一押しの秋冬メニューの中から、新鮮なアイランドクリークやクマモトの生牡蠣と肉厚のエビやカニが豪華に盛られたロイヤル・プラッターを堪能してみてほしい。ソースはピリ辛のコチュジャンと、ほんのり甘酸っぱい梅を添えたものなど、爽やかな辛味と酸味が口の中に広がる。

「ホルトゥス・ロイヤル・プラッター(小 40ドル/大 65ドル)」生牡蠣やロブスター、エビ、カニの豪華な盛り合わせは同店オリジナルの辛味ソースがアクセントにさっぱりと。

「フルケ(20ドル)」韓国風セビーチェは海藻ピューレと赤玉ねぎのピクルスがソースにアクセントになった魚介サラダスタイル

メイン料理には上質なリブアイステーキや、鱈を添えたロブスターリゾット、トリュフの土鍋ご飯などどれも贅沢なラインナップ。中でも、濃厚でクリーミーな甘みを含んだウニと芳醇な香りの黒トリュフの丼ぶりは格別だ。洗練されたモダンなテイストに韓国食材の力強さが融合した新たな料理を創造する。


 

Hortus NYC

271 5th Ave.

TEL: 646-858-3784

hortusnyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。