この店の話題をひとくち

【金継ぎ】職人の技が光る 至高の寿司おまかせコースを

金継ぎ

職人の技が光る至高の寿司おまかせコースを

 

ソーホー地区の人気ホテルが建ち並ぶ一角にひっそりと佇む金継ぎは、天然木で作られたカウンター席10席のみの知る人ぞ知る隠れ家的名店。

米国産と日本産から選りすぐった極上の鮮魚と、熟練した職人・ビクターさんの繊細な技が織り成す極上のおまかせコースを堪能できる。

季節の前菜と寿司を含むコースの中でも、同店の魅力と極上の逸品を十二分に味わえるのは「ザ・キンツギ・オマカセ(16品)」である。その時期一番美味しい地産の素材を中心に、昆布締めや漬け、炙りなどの技法で素材の旨味を最高に引き出す。鯛や鯖、赤み、そして大トロなどの握りはどれも絶品で繊細かつ独創的だ。

甘鯛の松笠揚げは、ふっくらした身とサクサクの鱗の二つの食感が味わえる。付け合わせのヤングコーンは驚くほど甘い

今時期は、蟹の旨味が凝縮されたセコガニの餡掛けご飯や、りんごの酸味と甘味が程よいバランスのピューレを添えたサワラの燻製など、どれも口の中に広がる味わいが季節を感じさせてくれる。そして、ビクターさんが特に自信の一作としておすすめするのは締めの卵だ。目の前で盛り付けた卵にザラメを振りかけバーナーで炙る。まるで濃厚なブリュレを口にしているかのような味わいだ。

同シェフ自慢の蟹料理は、甲羅の蓋を開けるとたっぶりの蟹の身が現れる


 

金継ぎ Kintsugi

28 Grand St.

TEL: 646-983-4616

kintsuginyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。