この店の話題をひとくち

【コボ】豪華なカウンター席でカクテルに陶酔 しヨーロッパの美しい食文化を旅する

コボ

豪華なカウンター席でカクテルに陶酔しヨーロッパの美しい食文化を旅する

「フィデウア(29ドル)」はイカの旨味が詰まったイカ墨パスタ。程よい塩気と上品な魚介の風味、アクセントのニンニク、お米のように小さいパスタが絡み合う。シーフード料理好きにはマストな一品

イーストビレッジ地区にオープンしたコボは、シェフのルーツであるスペインとインスパイアを受ける地中海料理、そしてイタリアの食文化を融合した多様で欲張りな食体験ができるレストランだ。洗練されたモダンな雰囲気の店内にはテーブル席の他に、35席と奥行きのある豪華なピンクのブラジリアン・クォーツのバーカウンターがある。ワインやカクテルのセレクションにもこだわっている同店は、料理とのペアリングを心ゆくまで楽しめる。シグネチャーのカクテルのコボ・キスとクラシックなネグロニは食前におすすめ。

「サーディン・カポナータ・フラットブレッド(17ドル)」は甘くて身がふっくらとした小ぶりのイワシと、玉ねぎやズッキーニなどを煮込んだカポナータの相性が抜群だ

同店を訪れたらオーダー必須の前菜「サーディン・カポナータ・フラットブレッド」は、ラタトゥユに似た料理でカポナータと呼ばれるイタリアの郷土料理の上にサーディンがのった一品。メインのパスタ料理には、イカ墨、タコ、子イカ、サフランを使ったスペインのバレンシア地方のパエリアのパスタ版「フィデウア」がおすすめだ。凝縮された魚介の旨味が一気に口の中に広がる。他にも、スパイシーなイタリアンソーセージとペコリーノが入った太い平打ちパスタの「パッパルデッレ」も人気だ。

「このチーズは鮮度が大事。必ず新鮮なものを提供しています」とお店のスタッフが話すのは、新鮮なブラッターチーズをローストしたペッパーと合わせて、サワードウにのせていただく前菜。

 


Kōbo by Nai

202 Avenue A

TEL: 212-677-1030

nairestaurant.com/kobo

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。