この店の話題をひとくち

【サガポナック】アジアと地中海を融合した 旬のシーフード料理に舌鼓

サガポナック

アジアと地中海を融合した旬のシーフード料理に舌鼓

「キューカンバ(4ドル5セント)、チリ(4ドル5セント)、キャビア(16ドル)」は生のオイスターに特製ソースと豪華なトッピングが添えられた一皿。ここでしか味わえない新しいオイスター料理だ

オイスターが美味しくなる季節の到来を祝うオイスターフェスティバルが今年は10月14日〜15日に開催される。そこで今回は、豊富な種類のオイスターを振る舞うサガポナックを紹介。

シンプルに生でももちろん美味しく頂けるが、同店特製のソースや豪華なトッピングを是非とも試してほしい。

柚子胡椒とディルを添えた「キューカンバ」やバターミルクとヨーグルトのベースの上にアダマス(シベリア産キャビア)を乗せた「キャビア」、醤油麹入りブラウンバターでローストしたオイスターなどが堪能できる。

生のオイスターは産地や品種を幅広く楽しめる豊富なセレクションが魅力

産地や特徴はさまざまで、マサチューセッツ州で採れるアイランドクリークオイスターは、典型的な東海岸の品種で表面に塩分がしっかりとあり中はリッチな味わい。後味に甘みが残るのが特徴だ。カリフォルニア州ハンボルト湾産のクッシーオイスターは、さっぱりとキュウリのような後味。

他にもふっくらとした身で食べ応えのあるものなどが揃う。メインディッシュには、ムール貝やアサリ、海老をふんだんに使ったパエリアや、日本の鱸(すずき)に似たブランジーノのグリル料理などを楽しんではいかが。

「ンドゥイヤ・マッスル(22ドル)」は、南イタリアで作られる香辛料が利いた豚肉ソーセージとムール貝の料理。


Sagaponack

4 W. 22nd St.

TEL: 212-229-2226

saganewyork.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。