この店の話題をひとくち

【ナール】エーゲ海をイメージした店内で堪能するモダンスタイルのトルコ料理

ナール

エーゲ海をイメージした店内で堪能するモダンスタイルのトルコ料理

「自家製パストラミ入りハムス(18ドル)」はトルコの定番料理であるハムスに香辛料のスマックの酸味がアクセントに効いた大人な味。自家製の温かいパストラミがトッピングされた贅沢な一品

 

先月、ミッドタウン地区にオープンしたトルコ料理レストランの「ナール」は、トルコ語でザクロを意味し、トルコ圏の人々の間では「幸福と繁栄」を象徴する。エーゲ海のリゾートをイメージしたという店内は、ターコイズブルーと白が基調となった爽やかな印象だ。

経験豊富なトルコ人シェフのチームが特別に編成されたという同店では、スパイスやオイル、ハーブなどの食材は全てトルコから調達しているというこだわりぶりで、オーガニックな本場のハラルフードが味わえる。

同店一押しの前菜は、ナス、ヨーグルト、ニンニク、タヒニで作るババガヌーシュや、クルミ、トマト、ザクロの糖蜜で作られたムハンマラ、メインには伝統的な牛やラム肉料理、ふっくらとした肉厚のブラックシーバスやタコのグリルなど魚介類も堪能できる。

 

「ドルマ(18ドル)」は、日干しナスと赤ピーマンにお米、松の実、ザクロを詰めた一品。

デザートの中でもユニークなのがカザンディビ。鶏胸肉を牛乳に2日間浸し、細切りにして米粉、砂糖などと混ぜ合わせたオスマン帝国時代の伝統的なスイーツだ。キャラメルミルクプリンのような優しい甘さと意外とマッチする鶏胸肉のコンビネーションを是非試してみて欲しい。

 

「カザンディビ(12ドル)」は細切りにした甘い鶏胸肉が入ったトルコ風のプリン

 


 

Nar

34 E. 20th St.

TEL: 917-388-3195

narrestaurant.nyc

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。