この店の話題をひとくち

【ワノ・ニューヨーク】銀座高級鮨「はっこく」監修 幻の素材と呼ばれる鮪の稀少部位

ワノ・ニューヨーク

銀座高級鮨「はっこく」監修幻の素材と呼ばれる鮪の稀少部位

 

「和の魅力、和の楽しさ、和の美味しさ」をコンセプトにした日本食レストラン「ワノ」が今月ミッドタウン地区にオープンした。総合プロデューサーとして日本を代表する美食家であり実業家の本田直之さんが手掛け、そして銀座で新進気鋭の予約困難なミシュラン鮨店として話題の「はっこく」から佐藤博之さんをメニューの監修のとして迎えている。

 

店内の鮨カウンターでは「WANO OmakaseBy Hakkoku(150ドル)」の鮨おまかせコースを堪能できる

 

同店の特筆すべき魅力は、日本で最高峰と称される目利力をもった鮪専門仲卸の「やま幸」から仕入れる鮪である。鮪の中でも、取れる身は僅かで幻の素材と呼ばれる「突先(とっさき)」は海外初上陸となる。頭の付け根部分で味が濃く身が柔らかく鮪好きはたまらない。鮨に欠かせないシャリには横井醸造の赤酢を使用。赤酢は酒粕が原料となり、3年以上熟成させた酒粕を100%使用して粕酢に仕上げることで旨さやコク、厚みが生まれ他のお酢とは一線を画すと言われている。

 

 

他にもA5ランクの和牛ステーキや、イクラとキャビアの贅沢冷製茶碗蒸しなど、旬の食材を活かした極上和食が味わえる。コースのみではなくアラカルトでも食事を楽しめるので、気軽に立ち寄れるのも嬉しい。

 

WANO New York

245 E. 44th St.

TEL: 212-986-2800

wanonyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。