この店の話題をひとくち

【ロス・タコス・N o . 1 】スパイス香るメキシコの国民食  新鮮なトルティーヤで味わうタコス

ロス・タコス・N o . 1

スパイス香るメキシコの国民食  新鮮なトルティーヤで味わうタコス

 

本場のタコスを東海岸に広めようとメキシコ、カリフォルニア出身の3人 の若者が立ち上げた「ロス・タコス・No.1」は、ニューヨーク市内に5店舗構 え、平日のランチ時には全店行列ができる超人気タコス専門店。店内はオー プンキッチンになっており、目の前で作られるタコスの迫力に圧巻する。ぐっ と空腹感が増すのを抑え、少しの間自分の注文を待つ。

 

 

作り立てのフレッシ ュなトルティーヤは、生地を香ばしく皮は少し固めのとうもろこしか、柔らか くしっとりとした小麦粉のどちらか選べる。そこへ、ステーキ肉かチキン、ポ ーク、そしてサボテンからメインの具材をチョイス。一番人気はなんといって も特製タレに漬け込んだステーキ肉。日本では「カイノミ」、米国では「フラッ プステーキ」と呼ばれる部位で、厚みのある赤み肉で、厚めにカットしても柔 わらかくジューシー。そこにシャキっと歯応えのある玉ねぎとフレッシュなパ クチーがアクセントになってさっぱりとした後味に。

人気ドリンクのライムと 旬の果物をミックスしたラテン系フルーツドリンクの「アグア・フレスカ」も頼 めばメキシコ旅行へトリップした気分に!

 

左の「漬け込みポークのタコス(4ドル85セン ト)」は豚肉のドライな 食感はなく漬け込んで あるだけあって柔らかく 口の中でホロホロ溶け ていくよう。右の「チキ ンタコス(4ドル75セン ト)」は独特のスパイス が香るグリルチキンが たっぷりと入って子供にも人気だ

 

Los Tacos No.1 (グランドセントラル駅店)

125 Park Ave.

lostacos1.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。