この店の話題をひとくち

暑い夏でもさっぱり食べられる ベトナム料理の定番ヌードル

1985年創業のフォー・バングは、チャイナタウンの中でも最も賑わいを見せるモットストリートにあるベトナム料理店。朝昼晩と時間を問わず食べられる人気料理のフォーは、米粉から作られるきし麺のような薄くて平たい形状が特徴の麺料理。牛骨スープと香菜、スパイスなどをじっくり煮込んだスープは、うまみが凝縮され味わい深く、さっぱりとしていて、スープを飲み干す客も多いという。全17種類あるフォーの中でも一番人気が、薄切りの半生な牛肉がのった「NO.1牛スライスフォー」、へそや、胃袋、腱なども入っており、コリコリとした食感がクセになる。具のトッピングとして添えられる、もやし、ライム、タイバジルは、お好みに合わせて入れると、より味が引き立つ。

「No.1牛スライスフォー(普通13ドル50セント)」透き通るようなスープは牛骨の出汁がしっかりと効いてながらもあっさりした味わい。つるつるとした喉越しのフォーとスープの相性は抜群。これを食べれば夏バテもこわくない

もう1品何か追加したければ、ライスペーパーで豚ひき肉やキクラゲなどの具材を巻いて高温でカラッと揚げる春巻きがおすすめ。レタスで巻いて甘めのナンプラーソースにディップして食べる。家庭的な雰囲気で、女性のお一人様客も多く、このご時世には珍しい良心的な価格帯と、サクッと食べられる手軽さも長年愛されている理由のひとつだろう。

「ベトナム春巻き(4個9ドル)」は見た目は可愛らしいが中身の具材がしっかりと詰まって、食べ応え満点。「グリルドチキン・バンミー(10ドル50セント)」はベトナムの定番サンドウィッチ。人参と大根のピクルスで、さっぱりとした味わい。ネギとハラペーニョ、パクチーがアクセントに効いた一品

Pho Bang
157 Mott St.
TEL: 212-966-3797

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。