この店の話題をひとくち

鉄分やコラーゲンが豊富なもつと 野菜の旨味が詰まったもつ鍋

2007年にウエストビレッジにオープンした「博多トントン」は、ニューヨークの人々に馴染みのなかったもつ鍋や豚足の美味しさを広め、一躍話題となったが、パンデミックの影響で閉店を余儀なくされた。その後、市内で人気飲食店を手がけるハンドホスピタリティ社にオーナーが変わり、一昨年ミッドタウンのレストラン激戦区にリニューアルオープンを果たした。

「とんとんホットポット 赤(38ドル〜)」プリプリで臭みのない新鮮なもつは弾力と旨味が違う。もつの旨味と野菜のあまみが染み込んだスープに、〆はご飯又はちゃんぽん、うどんかが選べる

特筆すべきは、同店の黄金時代を築き上げた萩原好司さんがエグゼクティブシェフとして再び厨房に立ち、素晴らしいメニューを考案していること。メインのもつ鍋は、辛味噌と豚足、鶏や鰹出汁などをベースにした「とんとんホットポット」が3種類。煮詰めいていくと、もつと野菜の旨味がスープと相まって体に染み渡る。他にも、レバ刺しや豚足ポン酢などの通好みなものから、子供にも人気の「好司名物」と題した同シェフによる特別メニューの「好司麻婆豆腐」や「エビマヨ」などが揃う。また、生プリンや胡麻アイスなど和風スイーツや、お得なブランチメニューなどバリエーションが豊富で、女性客や家族連れが足を運びやすいように考えられている。

人気のスイーツが欲張りに全種類味わえる「とんとんデザートプラッター(36ドル)」

「飲茶セット(27ドル)」水餃子、エビマヨ、角煮バンズなど計11品に好きなお茶がついたブランチのセットメニュー。

 

Hakata TonTon
35 W. 35th St.
TEL: 917-261-6536
hakatatonton.net

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。