クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム

今日もビールがうまい! クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム<Vol.4>

本場アメリカのブルワリー&ビア・バー巡り

米国にはブルワリーと呼ばれるクラフトビール醸造所が多く存在する。国内においてブルワリーの数は9,200以上(※1)、ニューヨーク州だけでも440以上あり、大手ビールメーカーにまで成長した醸造所もあれば、地元の人々に長年愛されているような小さな醸造所もある。そんなビールの歴史と奥深さを探求し、ニューヨークを中心に注目のブルワリー&ビアバー紹介していく。

(※1)アメリカ・ブルワーズ・アソシエーション調べ/www.brewersassociation.org


マンハッタン区にある唯一のブルワリー「トーチ&クラウン」。ソーホーの9,000スクエアフィートある敷地内に醸造所とタップルーム、レストラン、アウトドアスペースを構える。シグネチャービール「Almost Famous」は、同ブルワリーで初めて生産された商品になる。ニューイングランドIPAで、ピーチとパイナップルのフレイバーが詰まった滑らかで芳香豊かな味わい。フレッシュなビールと共に楽しめる料理は抜群に美味しく、カクテルやワインなども揃い、欲張りなニューヨーカーの心を満たしてくれる。

創業者であるジョー・コレイアさんとジョン・ダンツラーさんがビール業界へ入るきっかけとなったエピソードが実にユニーク。16歳のある日のこと、イーストビレッジのバーで偽IDを没収されビールを買う手段を失った2人は自分たちの手でビールを造ることを決意。その後、自家製ビール造りを続けながら、互いの人生経験値を積むためにジョーさんは化学を学び、ジョンさんは金融を学び、満を持して2019年にオープンした。

夏限定のサマーエール「Share House Season」。爽快な口あたりで飲みやすいリフレッシュビール

 

(写真左)シグネチャービールのニューイングランドIPA「AlmostFamous」。喉越し抜群のジューシィーでアロマティックな一杯 (写真右)ウエスト・コーストIPA「ColdboxTetris」は程よい苦味とドライな口当たりが特徴

「今や市内だけでも凄い数のブルワリーがあり、競争が激しい。だからこそ常に初心を忘れず、自意識過剰にならず、自分たちにできる最高のビール造り、美味しい料理の提供、常にベストな状態を心掛け、お客さんに心から信頼してもらえるようなブルワリー作りを目指しているよ」とジョンさんは話す。20分毎に行われる化粧室の清掃や快適に過ごせるよう心配りされたホスピタリティなど、その意識の高さは随所に感じられる。

肉厚のステーキやバーガー、ヴィーガンやグルテンフリーなどメニューのラインナップも幅広い

 

この春、ユニオンスクエアとハンプトンに新しいレストランをオープン予定。 夏に向けてビールが美味しくなる季節、彼らの勢いに目が離せない!

Torch & Crown Brewing Company
12 Vandam St
TEL: 212-228-700
torchandcrown.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。