クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム

今日もビールがうまい! クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム<Vol.3>

本場アメリカのブルワリー&ビア・バー巡り

米国にはブルワリーと呼ばれるクラフトビール醸造所が多く存在する。国内においてブルワリーの数は9,200以上(※1)、ニューヨーク州だけでも440以上あり、大手ビールメーカーにまで成長した醸造所もあれば、地元の人々に長年愛されているような小さな醸造所もある。そんなビールの歴史と奥深さを探求し、ニューヨークを中心に注目のブルワリー&ビアバー紹介していく。

(※1)アメリカ・ブルワーズ・アソシエーション調べ/www.brewersassociation.org


アメリカでクラフトビール業界のパイオニアとして君臨するブルックリン・ブルワリーは1988年にブルックリン区のウィリアムズバーグに創業。不動の人気を誇るシグネチャーの「BROOKLYN LAGER」や、LGBTQの人権運動をサポートした「THE STONEWALL INN IPA」などを始め、数々の名作ビールを生み出し、現在では世界30カ国以上で愛されている。創業者のトム・ポッターさんと元新聞記者のスティーブ・ヒンディさん、そしてクラフトビール界のカリスマである醸造家ギャレット・オリバーさんが中心となり、当時治安が悪く家賃も安いエリアだったこの地に、アーティストの卵や夢を追う若い世代の人々が集まるのを見て「この地をもっと活性化させたい」と思い、ビールを通じてアートや音楽、ストリートシーンなどを取り入れ、新しいコミュニティーを作り出した。

今では様々な団体やブランド、ローカルビジネスと組み、ビールと共に多様性のあるメッセージを発信している。最近では、ニューヨークのコアなストリート系ブランドOnly NYの15周年記念とコラボレーションし「ONLY NY BROWN ALE」という樽熟成のビールや限定アイテムをリリースし注目を集めた。

同ブルワリーのアイコニックなロゴ入りグラスはプレゼントにも喜ばれる人気アイテム。ブルワリーを訪れた際は是非とも手にとってみてほしい。

 

広々とした空間のタップルーム。週末にはローカルフードが味わえるポップアップや、特設ステージで行われるライブ演奏などを楽しむことができる。

同ブルワリーでは毎週日曜日の午後に醸造所内を無料で見学できるツアーを開催。また、要予約の有料ツアーでは数種類のビールを試飲することもできる。美味しいビールを片手にビールの歴史やブルックリンの文化に是非とも触れてみては。

軽くてキレのあるスッキリした飲み口が特徴の「BROOKLYN PILSNER」。様々な料理に相性が良くどんなシーンにも好まれる1本だ

ドライホップの琥珀色と、味わい深く滑らかな口当たりの「BROOKLYN LAGER」。今やアメリカを代表するラガーとして世界中で愛されている

 

35年間同じ場所で愛され続けた同ブルワリーがビル建壊しのため、2024年夏をめどに数ブロック先へ移転予定。

Brooklyn Brewery
79 N 11th St., Brooklyn, NY 11249
TEL: 718-486-7422
brooklynbrewery.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。