クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム

今日もビールがうまい! クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム <Vol.1>

本場アメリカのブルワリー&ビア・バー巡り

米国にはブルワリーと呼ばれるクラフトビール醸造所が多く存在する。国内においてブルワリーの数は9,200以上(※1)、ニューヨーク州だけでも440以上あり、大手ビールメーカーにまで成長した醸造所もあれば、地元の人々に長年愛され続ける小さな醸造所もある。そんなビールの歴史と奥深さを探求し、ニューヨークを中心に注目のブルワリー&ビアバー紹介していく。

(※1)アメリカ・ブルワーズ・アソシエーション調べ/www.brewersassociation.org


ロング・アイランド・シティーの一角にカラフルなアートが目を引く建物と真っ赤なドアが目印のブルワリー兼タップルーム「ロッカウェイ・ブルーイング」がある。今年で設立10周年を迎える同ブルワリーのタップルームは店内のカウンター席とアウトドア席があり地元の人々の憩いの場となっている。また、ロッカウェイビーチにもタップルームがあり、夏はビーチに訪れる客や地元の人々で大賑わいを見せる有名スポットでもある。

定番人気のピルスナーや日本人にも馴染みのあるラガーを中心に、ホップのほのかな苦味と甘味が絶妙に奏でるパイナップルIPAや、モルトの琥珀のような色合いとのユニークな風味が楽しめるESBなどが揃う。また季節限定ビールもあり、夏はグワバァやパッションフルーツ、シトラスフルーツを使用したサワービールなどが味わえる。

今年の秋から日本への本格的に輸出を開始し、今年10月にはオーナーら三人でプロモーションのため来日し、日本のクラフトビール業界で話題に。オーナーの一人であるピーターさんは、その時期に日本で開催されたクラフトビールの国際大会の審査員としても参加されたそうだ。また、日本で今人気上昇中の静岡の「ウエスト・コースト・ブルワリー」や、東京の「インクホーン・ブルーイング」らとコラボレーションし、日本のクラフトビア業界からも注目を浴びている。

「AMERICAN PILS」
6本パック/16ドル
定番人気のピルスナーはライトかつドライな飲みくちが特徴的。クラフトビール初心者からも、その飲みやすさが好まれ、どんなジャンルの食事とも合わせやすいのが魅力だ

 

「HIGH INCOM HOUSING」
4本パック/20ドル
ややアルコール度数は高めでボリューミィーなIPA。独特なホップの苦味とフレッシュ&ジューシーな口当たりがクセになり、ついついすすんでしまう危険なビール

 

 

Rockaway Brewing Co.


●LIC店
46-01 5th St., Queens, NY 11101(LIC)
TEL: 718-482-6528
●Rockaway Beach店
415 Beach 72nd St., Arverne, NY, 11692
rockawaybrewco.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。