この店の話題をひとくち

日本産クラフトビールをそろえる 気軽に集えるアットホームな居酒屋

約50種類もの日本のクラフトビールをそろえる「居酒屋じゅらく」。オーナーのキヨさんはアメリカと日本で料理を学び、日本料理店をはじめ幅広いジャンルの一流レストランでシェフを務めた経験を持つ。肩肘張らず気軽に集まれる、まさに日本の居酒屋のような店を作りたかったと話す。

写真の「Skewers(1本$3.50〜)」はステーキ、ビーフ、チキン、ポーク、シュリンプのほか、野菜やマッシュルームなど種類が豊富。まるで日本の焼き鳥屋にいるような感覚になる

居酒屋といえば焼き鳥。焼き鳥に見立てた串焼きは鶏肉だけでなく、豚やステーキ、野菜など種類が豊富だ。グルテンフリーのたまりじょうゆで味付けされ、食べやすく切られたステーキは柔らかくジューシーで、野菜のメニューが多いのもうれしい。手羽先は名古屋の甘辛い風味で、表面がパリッと香ばしく何杯でもビールが飲めてしまう、クセになる味だ。

みそベーコンはその場で炙って温かいうちに召し上がれ。クラフトビールは馨和(KAGUA)や常陸野、越後ビールなどの有名な銘柄から、日本でもあまり見掛けない珍しいものまで幅広くそろえる

たくさんあるクラフトビールから、お気に入りの一本を見つけ出すのは至難の業だ。けれども、好みの味や銘柄を伝えると、おすすめを教えてくれるというのでぜひスタッフに声を掛けてみよう。価格帯は居酒屋くらいの印象を受けるが、侮るなかれ。ニューヨークの日本食レストランで何度も落胆したことのある人は、ぜひ一度こちらに足を運んでみて。

Photos by Aya Kishimoto

Izakaya Juraku
121 Ludlow St.
(bet. Delancey & Rivington Sts.)
TEL: 212-477-0100
izakayajuraku.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。