この店の話題をひとくち

コーヒーのサブスクリプション月額8ドルで週3杯楽しめる

ローカルショップのスペシャリティーコーヒーを、月額8ドルで週に3杯飲めるサブスクリプションサービス「CoffeesUP」がスタートした。使い方は簡単で、まず「CoffeesUP」のアプリをダウンロードし、コーヒーショップを選んでオーダーする。出来上がりの予測時間が表示されるので、それに合わせて店頭に出向き、コーヒーを受け取るだけ。列に並ぶ時間が省けるので、短い休憩時間の利用にもおすすめだ。

アプリでショップを選ぶと、すぐにオーダー画面に移動する

ローカルのコーヒーショップを支援するために作られたこちらのアプリ。ブルックリンでスタートしたサービスは、ニューヨーク市内にとどまらず、全国に提携店を増やしている。この日は金融街にある「ワトルカフェ」のコーヒーをオーダーしてみた。ナッツ風味の香ばしいミディアムローストで、1日のどのタイミングに飲んでも良い、バランスの取れた一杯だった。

店長こだわりのスペシャリティーコーヒー

「ワトルコーヒー」のスタッフはアプリとの提携後、客足が増えただけでなく、幅広い層の人々が足を運ぶようになったと話す。今なら14日間の無料トライアルを実施中とのことなので、ぜひこの機会に試してみてほしい。

All Photos by Aya Kishimoto

CoffeesUP
coffeesup.com

Wattle Cafe
19 Rector St.
TEL: 646-490-5020
wattlecafe.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。