この店の話題をひとくち

ひとくちサイズのクラフトずし こだわりの味をリーズナブルに

「ミネクラフトスシ」は、新鮮なネタを使った押しずしと創作和食が食べられるレストランだ。同店は熊本に本店を構える老舗すし屋「峰寿司」のニューヨーク店となる。すしを食べるとなると、どうしても値が張ってしまうニューヨーク。この地で気軽に、リーズナブルに日本のすしを楽しんでほしい、そんな思いで新しいスタイルの店を展開している。

「Azure Ocean($44)」は、ウニとホタテ、サーモンとイクラなど、4種のネタを3貫ずつ楽しめる。アラカルトは6ドルから

サーモンの載った押しずしの上には、収まりきらないほどのイクラがきらきらと輝く。今が旬のウニとホタテは、食べると口の中でとろけてしまうほど。甘じょっぱいシイタケの煮付けや、のりのつくだ煮を垂らしたグリルドズッキーニなど、豊富なメニューに会話も弾む。

ニューヨークでは珍しく、焼酎や日本酒のメニューがかなり豊富。ウイスキーやモクテルも楽しめる

焼酎やウイスキー、日本酒のラインアップも多くて、スタッフは皆気さくで居心地が良く、日本にいるような感覚に陥ってしまう。店内は落ち着いた雰囲気だが、パーティーの予約を受け付けるなど幅広いシーンで使えるそう。おつまみや焼き物、麺類など、こだわりの詰まった創作和食も味わえるので、ぜひ一度足を運んでみて。

All Photos by Aya Kishimoto

Mine Craft Sushi

15 St. Marks Place
(bet. 2nd & 3rd Aves.)
TEL: 646-596-8180
15stmarks.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。