この店の話題をひとくち

本場のジャーマンイタリアン 元ロックスターが奏でる音楽と共に

アッパーウェストにある「ベットラNYC」は、本場のジャーマンイタリアンが食べられるレストランだ。シェフのブラードさんは元ロックスター。店内では彼をはじめ、さまざまなジャンルのアーティストによる生演奏を聞きながら料理を楽しむことができる。

写真の「Combo Wurst($18)」は、仔牛と豚肉の2種類のソーセージに、ポテトサラダ、ザワークラウト、シェフオリジナルのマスタードが付く

両手に収まらないほど大きな豚のヒレ肉を揚げたイエーガーシュニッツェルには、濃厚なマッシュルームソースが溢れんばかりに注がれている。細かな衣でさっくりと揚げられており、ヒレカツであることを忘れて次々と口の中に放り込めてしまう。ドイツ代表料理のヴルストは辛味の効いたマスタードでいただく。祖母直伝のレシピで作られたというザワークラウトは、酸っぱい味と甘い味の2種類が。飽きずに食べられる配慮がうれしい。

写真は、濃厚なマッシュルームソースで食べるイエーガーシュニッツェル(Jaeger Schnitzel)。付け合わせのマッシュポテトとの相性も抜群濃厚なマッシュルームソースで食べるイエーガーシュニッツェル(Jaeger Schnitzel)。付け合わせのマッシュポテトとの相性も抜群

レシピを考案するのは、新しい曲を作るのと同じだというブラードさん。日本人が来てくれたら即興で和テイストの料理も振る舞いたいと、笑顔で話す。入りやすく、つい長居してしまう居心地の良い店内で、シェフのオリジナリティーが詰まったとっておきの料理と生演奏を楽しんでほしい。

 

 

All Photos by Aya Kishimoto

BETTOLA NYC

412 Amsterdam Ave.
(bet. W. 79th & 80th Sts.)
TEL: 212-787-1660
bettolanyc.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。