この店の話題をひとくち

ニューヨーク初のすし専門店老舗の味をリーズナブルに

ニューヨークで初めての本格すし専門店としてオープンした「竹寿司」。1974年にミッドタウンで開店し、その後、移転や多店舗展開を重ねた。ワシントンD.C.やトロントなど国外に出店した時期もあったという。現在はクイーンズのサニーサイドに店を構え、居酒屋料理とすしを提供する。

「Sushi Takesushi($43〜)」は、握り10貫に巻物が付く

豪快に焼かれたスルメイカはぷりっぷりでやわらかく、程よい噛みごたえがクセになる。木の葉造りで出されるイワシは、臭みがなく新鮮そのもの。出されて驚いたのはヒレ酒だ。まさかニューヨークで飲める日が来るなんて。ほっとする雰囲気のカウンター席ですしをつまんでいると、日本にいるかのような錯覚に陥る。

スルメイカの丸焼きはやわらかくジューシーで食べ応えがある

「一生に一度の記念日なら120ドルでたらふく食べさせてあげるよ」。そう笑顔で話すのは、オーナーシェフの川田さん。おいしいすしをリーズナブルな価格で提供したいという彼は、毎週ブロンクスのフルトン・フィッシュ・マーケットに通い、自らネタを仕入れている。約50年もの歴史で培った目利きで選び抜かれた料理をぜひ堪能してみて。

 

All Photos by Aya Kishimoto

Takesushi

43-46 42nd St.
Queens, NY 11104
TEL: 718-729-8253
takesushinyc.com

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1137

ブロードウェーウィークがスタート!今、見るべきミュージカルガイド

昨秋、1年半ぶりに再開されたブロードウェーミュージカル。今月18日からはブロードウェーウィークが始まり話題の新作やリバイバル作品がめじろ押しだ。今、見るべきおすすめのミュージカルやその見どころをダンサーの小野由利加さんに紹介してもらう。

Vol. 1136

運気を上げる!ニューヨークの開運スポット

「今年こそは良い年にしたい!」と皆が希望を持つ新年。オミクロン株が猛威を振るう中、まだまだ先の見えない世の中を実感している人も多いはず。そんな状況に負けず、良いパワーを引き寄せて素敵な一年にするために、スピリチュアルの先生に2022年開運のヒントを教えてもらおう!

Vol. 1134

年末は編み物しながらリラックス!

今年もやってきた年の瀬。気温も下がり、自宅で過ごす時間が長くなるこの時期、暖かい部屋でお気に入りの音楽やポッドキャストを聞きながら、編み物に没頭してみるのはいかが? ストレス解消にもつながるという編み物の魅力を知ってみよう。