この店の話題をひとくち

五感で楽しむモダンアジアン こだわりのスパイスをひとつまみ

モダンアジアンを掲げる「ホータスニューヨークシティー」。店に入るとワインセラーがあり、奥にはカウンターテーブル、オープンキッチンが見える。アジアンな雰囲気はなく、まるでホテルレストランのよう。

左は「Sea Urchin Donabe($43)」。トリュフのかかったウニの下には卵黄が。全ての具材を混ぜて食べるのがおすすめ

人気メニューはウニの土鍋ごはん。「具材をしっかり混ぜて食べると、一度にいろんな食感が楽しめるのでおすすめです」とソウル出身のシェフ、レニーさん。白米の上に大根とキャベツのピクルス、わさび味のトビコとイクラ、ウニ、さらにその上にトリュフが舞う。混ぜて食べると、プチッ、カリッ、ザクッと勢いの良い音が。香りと食感を楽しむうちに、口の中で味の調和が取れていくのだ。

人気メニューのタラバガニのクリームパスタ。花椒(ホアジャオ)、唐辛子、ハラペーニョの程よい辛さが食欲をそそる

散らされたクリスピーライスの食感は、おこげをほうふつとさせる。そういえば真ん中には卵黄があったな。なるほどこれは、韓国料理のオマージュだ。ビビンバを食べていたんだ、後になってそう気付かされた。

楽しい仕掛けが満載のこちらの料理。店内では定期的にジャズの生演奏があるという。アジアンの絶妙なハーモニーを、五感で楽しんでみては。

 

All Photos by Aya Kishimoto

 

HORTUS NYC

271 5th Ave.
(bet. E. 29th & 30th Sts.)
TEL: 646-858-3784
hortusnyc.com

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。