この店の話題をひとくち

日本と変わらぬ味にほっこり もてなしの心溢れる極上のラーメン

豚骨ラーメンにも関わらず臭みのないスープは、さらりとしているのにコクがある。細麺はシャッキリしていてコシがあり、唐辛子を使った赤い秘伝のタレがまたクセになる味だ。焼き豚、半熟卵、キクラゲなどトッピングのラインナップも豊富なので、何にしようか迷ってしまう。

写真は「THE CLASSIC TONKOTSU RAMEN($18.90)」。メニューは基本、豚骨ラーメンのみで、リクエストに応じてベジタリアンオプションもある

 

日本全国に店舗を構える一蘭。日本と異なるのは、有田焼の重箱どんぶりでラーメンが出されることだ。このどんぶりで提供しているのは日本でも数えるほどしかない。ふたを開けるとスープの香りがふわっと漂い、食欲が掻き立てられる。保温性が高く最後まで温かいまま食べられる、これぞまさにおもてなしだ。

コーヒーゼリーののった抹茶プリン。抹茶を使ったメニューは人気で、抹茶ドラフトビールといった変わり種も

隣の席との間仕切りが設置された「味集中カウンター」、替え玉、オーダー用紙でのカスタマイズなど、システムは日本の店舗と変わらない。このエンターテイメント性にタイムズスクエアという立地も相まって、観光客が押し掛けるのもよくわかる。日本で一蘭を食べたことのある人もない人も、ほっとすること間違いない。行列に並んででも、食べたい味がここにある。

 

All Photos by Aya Kishimoto

 

ICHIRAN

152 W. 49th St.
(bet. 6th & 7th Aves.)
TEL: 646-964-4294
ichiranusa.com

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。