この店の話題をひとくち

本格的なチュロス専門店 新メニューと共にリニューアルオープン

人気スペイン料理店「ソカラット」の姉妹店にあたるチュロス専門店「ラ・チュレリア」がパンデミック後、1年半ぶりにリニューアルオープンして帰ってきた。本場スペインのチュロスはホットチョコレートにディップして食べるのが定番だが、ここでは他にも色んな楽しみ方ができるという。

「STUFFED CHURRO($4)」は、チュロスの中に濃厚なソースがたっぷり入っている。ヌテラかドゥルセ・デ・レチェ(キャラメル)、抹茶の3種類の味から選べる

「スタッフドチュロ」には白砂糖がかけられ、中に甘いソースが惜しみなく詰められている。一見甘ったるくて重い印象を受けるが、食べてびっくり。思いの外、軽くてサクッといけてしまう。

人気の「LOLLIPOP CHURRO」のフレーバーにはチョコレートとドゥルセ・デ・レチェがあり、写真のレインボースプリンクルやスライスアーモンド、ココナッツなどのトッピングが追加可能。10月中はハロウィーン仕様のデザインが楽しめる

 

新メニューの「チュロ・エッグ・サンドイッチ」は、ニューヨークはもとよりスペインでも珍しいという。くるくると板状に巻かれたチュロスの間に、スクランブルエッグとスペインから取り寄せたハモンセラーノ、マンチェゴチーズが挟まれている。デザートのイメージが強いが、そもそも生地に塩味があるので食事メニューとの相性は抜群だ。

満を持して営業を再開したラ・チュレリア。本場の伝統的なスタイルと、今まで味わったことのない新しいチュロスの味を堪能してみてほしい。

All Photos by Aya Kishimoto

 

La Churreria

284 Mulberry St.
(bet. Prince & E. Houston Sts.)
TEL: 212-219-0400
lachurrerianyc.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。