この店の話題をひとくち

懐石料理をモダンに昇華 季節ごとの彩りを感じて

「紅葉」はおまかせずしをはじめとする、旬の食材をふんだんに使ったコース料理が味わえるお店だ。コンセプトは懐石料理に着想を得ており、季節の移り変わりを象徴することから「紅葉」という店名が付けられた。

写真は「Summer Kaiseki($155)」の中トロ。メニューにアラカルトはなく、おまかせコースのみ。内容は季節ごとに年4回変更される

この日のコースメニューはアユとタラバガニ、スイカのピクルスを使った見た目にも美しい先付けからスタート。夏から秋にかけて旬を迎えるタチウオにはとうもろこしと西京味噌を使ったソースが添えられ、夏らしさ満載の一皿を楽しむことができる。

本来は茶の湯の食事だったという懐石料理のごとく、最後には大将が目の前で濃茶を点(た)てる。カウンターと店内の壁は、紅葉にちなんでカエデの木を使うこだわりよう

 

赤酢を使った小ぶりなすしには、わさびではなくそれぞれのネタに合わせたアクセントが添えられる。金目ダイには梅のソース、サーモンには麦味噌、中トロにはキャビアなど、一貫一貫に驚きと発見があり、いわゆる一般的な寿司とはひと味違った楽しみ方ができるのだ。

大将が料理人の父から受け継いだという、焼き物、薫製、揚げ物といった和食の技術を駆使して創作されるモダン懐石。選び抜かれた旬の食材と、目の前で繰り広げられる演出で、ぜいたくな時間を楽しんでみては。

 

 

 

All Photos by Aya Kishimoto

 

Kōyō

3712 31st Ave.
Astoria, NY 11103
TEL: 929-328-2890
koyonewyork.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。