この店の話題をひとくち

懐石料理をモダンに昇華 季節ごとの彩りを感じて

「紅葉」はおまかせずしをはじめとする、旬の食材をふんだんに使ったコース料理が味わえるお店だ。コンセプトは懐石料理に着想を得ており、季節の移り変わりを象徴することから「紅葉」という店名が付けられた。

写真は「Summer Kaiseki($155)」の中トロ。メニューにアラカルトはなく、おまかせコースのみ。内容は季節ごとに年4回変更される

この日のコースメニューはアユとタラバガニ、スイカのピクルスを使った見た目にも美しい先付けからスタート。夏から秋にかけて旬を迎えるタチウオにはとうもろこしと西京味噌を使ったソースが添えられ、夏らしさ満載の一皿を楽しむことができる。

本来は茶の湯の食事だったという懐石料理のごとく、最後には大将が目の前で濃茶を点(た)てる。カウンターと店内の壁は、紅葉にちなんでカエデの木を使うこだわりよう

 

赤酢を使った小ぶりなすしには、わさびではなくそれぞれのネタに合わせたアクセントが添えられる。金目ダイには梅のソース、サーモンには麦味噌、中トロにはキャビアなど、一貫一貫に驚きと発見があり、いわゆる一般的な寿司とはひと味違った楽しみ方ができるのだ。

大将が料理人の父から受け継いだという、焼き物、薫製、揚げ物といった和食の技術を駆使して創作されるモダン懐石。選び抜かれた旬の食材と、目の前で繰り広げられる演出で、ぜいたくな時間を楽しんでみては。

 

 

 

All Photos by Aya Kishimoto

 

Kōyō

3712 31st Ave.
Astoria, NY 11103
TEL: 929-328-2890
koyonewyork.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1126

NYCマラソンが復活! おすすめランニングスポット

2年ぶりに開催されるNYCマラソン。今大会の概要やレースの魅力、ニューヨーク在住ランナーたちが紹介してくれるおすすめランニングスポットをチェックしてみよう。

 

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。