この店の話題をひとくち

ソーホーでリラックスのひとときを 市内初のCBD専門カフェ

キャナルストリート駅の目の前にあるのが、CBD(カンナビジオール)に特化した「カフェキャナル」。日本人オーナーのマヤさんが「試せるCBD」をコンセプトに今年4月、ニューヨーク初のCBDカフェとしてオープンした注目店だ。

「“ENHANCED” NUTELLA($8)」は香ばしいブレッドに、甘さ控えめのヌテラとバナナの甘味が絶妙に相まった一品

 

同店はアップステートにある農園と提携し、いわゆる「ハイ」になるTHCを配合しない、リラックス効果を持つとされるCBD配合のスイーツやドリンクを提供。CBDを配合しないタルティーヌやピザ、サンドイッチ、サラダなどの軽食メニューも豊富にあるのでランチでの利用客も多い。

人気のスイーツには、ヌテラとヘンプオイルをブレンドした日本人の口にも合う甘すぎないヌテラブレッドやブラウニーなど。また、チョップされたオリーブにパプリカ、マッシュルームがふんだんに乗ったピザは、ヘンプオイルやヘンプシードも入っているのでおいしいだけでなく栄養満点だ。せっかくなら体にいいというカンナビスの葉を乗せてみるのもあり。

CBDを1滴から投入できるので、リラックスしたい時にはオーダーを。

 

同店人気の「ローズラテ」(右)と「ラベンダーラテ」。自家製ローズシロップとラベンダーシロップが芳醇に香る。お好みでCBDを1滴1ドルで追加できる

 

 

 

Café Cannal

416 Broadway
(bet. Canal & Walker Sts.)
TEL: 646-455-0323
cafecannal.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。