この店の話題をひとくち

伝統の更科そばが上陸 秘伝麺つゆ、天ぷらと共に

江戸時代中期から続く老舗手打ちそば店、「総本家 更科堀井」がユニオンスクエア近くにオープン。本家からの待望の海外初出店とあり、今月2日のオープンからすでに予約が取れないほどの盛況ぶりだ。

 

写真は「Sarashina($17)」と「Kakiage($29)」。更科そばならではのつるりとした口当たりと喉ごしであっという間に完食できてしまう。プリプリのエビがぎっしり詰まったボリューミーなかき揚げとの相性も抜群

 

ここで提供される“御前そば”としても知られる伝統の白い更科そばは、ソバの実の芯の粉だけで打ったもので、ほんのり甘く繊細な香りと上品な味わいが口の中に広がるのが特徴。そば独特の風味も控えめなので、そばが苦手という人にも食べやすいかもしれない。

そば粉やしょうゆ、かつお節は本家監修のものを日本から取り寄せ、2週間寝かした秘伝の「かえし」を隠し味に使用したそばつゆは非常に味わい深い。自慢の天ぷらは、太白ごま油と綿実油で揚げているので、食べ応えがありながらも胃もたれしないさっぱりとした食感なのがうれしい。

それから、そばつゆに漬けて煮込んだ合鴨煮や銀ダラの西京焼きも前菜に外せない一品だろう。入り口には豊富な日本酒をそろえたバーも併設し、本格的な和食と酒を同時に楽しめるぜいたくな空間が広がっている。

 

そばをイメージしてフランス人デザイナーが手掛けたという、天井のアーチがひときわ目を引く空間。高級感のある店内でいただくそばは格別だ

 

 

 

Sarashina Horii

45 E. 20th St.
(bet. Broadway & Park Ave.)
TEL: 917-409-0546
sarashinahorii.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。