この店の話題をひとくち

伝統的なジョージア料理 ヘルシーな自家製レシピが名物

アッパーイーストサイドに構える、知る人ぞ知るジョージア料理店が「オダハウス」だ。もともと市内初のジョージア料理店として2013年にイーストビレッジに第1号店をオープンし、19年5月に現在の場所に移転した。

 

「Adjaruli($19)」は真ん中にフォークを入れ、ポーチドエッグと濃厚なチーズ、バターをぐるぐると混ぜ合わせてから、もちもちのパンを付けていただく

 

同店の地中海料理、ジョージア料理、ヨーロッパ料理をミックスしたヘルシーでユニークなメニューは、オーナー兼シェフのマイアさんが全て考案。オーガニックにこだわった親しみやすい家庭的な味が人気だ。

またワイン発祥の地でも知られるジョージア産のワインのみを豊富に取り扱っており、料理とのマリアージュにも最適。

最もポピュラーな郷土料理、ハチャプリ(チーズブレッド)は8種類以上提供。自家製スルグニチーズとイメルリチーズをふんだんに使用した定番の「アジャルリ」から、ヨーグルトで練ったしっとりした生地がたまらない「イメルリ」まで、数人でシェアしながらさまざま楽しめる。

コリアンダーが効いたジョージアンサラダなどのビーガン、グルテンフリーメニューも豊富なので、健康志向の人にもおすすめの一店だ。

 

大きな見た目のジョージア版小籠包ともいわれるヒンカリ。一口かじると中から熱々でジューシーな肉汁が溢れ出す。手でつかんだら逆さにして食べるのがルール

 

 

 

Oda House

406 E. 73rd St.
(bet. 1st & York Aves.)
TEL: 332-216-4747
odahouse.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。