この店の話題をひとくち

イタリアンとアジアンの融合 新感覚の食体験を

ブルックリン区ウィリアムズバーグで注目なのが、2年連続でミシュランを獲得しているイタリアンレストラン「アマッツァカフェ」だ。カジュアルな店構えの同店はイタリアの食文化を啓蒙しながら、日本の食材や焼鳥といったアジアにインスパイアされたフュージョン料理が楽しめるのが特徴。

 

「Reginette($21)」はもちもちの自家製パスタと濃厚なトマトソース、パンチェッタが好相性の一品。イタリアから取り寄せたカチョカバロチーズをふんだんにのせて

 

また、イタリアでは食後酒として親しまれる数種のハーブを調合したリキュール、アマーロを70〜80種取りそろえているのも同店ならでは。コーヒー代わりに食後に一杯嗜(たしな)めば、まるでイタリア通になった気分を味わえるだろう。

シャキシャキ食感のサンチョークがヨーグルトとほんのり甘い蜂蜜のソースに絡むエキゾチックな味わいのシグネチャーサラダや、しそや梅干しの風味が爽やかさを加えてくれるマスのタルタルはアペタイザーにいちおし。メインメニューには自家製パスタをはじめ、ローストチキン、ブランジーノなどの豪快な肉、魚料理に舌鼓を。毎週日曜はジャズライブを開催しているので、音楽と共に楽しめばまた一味違う食体験となるに違いない。

 

 

「Post Melone」はブルックリンにある酒造「Forthave Spirits」のアマーロを使用したすっきりしたカクテル。ハラペーニョを加えたスパイシーな味わいがクセになる

 

 

 

 

 

AMMAZZACAFFÈ

702 Grand St.
Brooklyn, NY 11211
TEL: 929-250-2875
ammazzacaffe.nyc

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。