この店の話題をひとくち

スペイン各地方の郷土料理に舌鼓 シーフードと本格パエリアを味わう

ニューヨーク・ベスト・パエリアにも選ばれたことがあるスパニッシュレストランの「ソカラット」は、まるでスペインを旅しているかのように、バルセロナやガリシア地方など各地域の郷土料理を一度に堪能できる名店。ミッドタウン店は、チェルシー店、ノリータ店に次ぐ第3号店で一番の広さを誇る。

 

イカスミを使用した黒いパエリア「ARROZ NEGRO($29)」は、インパクトのある見た目とは裏腹に、ホタテ、えび、いか、白身など魚介の旨味がたっぷりの繊細な味

 

スペイン語で「ソカラット」が意味するのは、いわゆる「おこげ」のこと。ご飯のおこげを楽しむ日本人と同様、スペイン人もパエリア鍋の底にできるおこげを愛しているというのはなんとも親近感が湧く。

目玉のパエリアは7種をそろえ、ボリュームたっぷりなので2〜3人でシェアしてわいわい食べるのが最適だ。真ん中から豪快に混ぜながら、外側のクリスピーな部分との食感の違いを比べるのも楽しいだろう。

パエリア以外にも、エビのアヒージョや香りがいいパプリカオイルとクリーミーなマッシュドポテトを添えたガリシア風タコなど、魚介を使用した自慢のタパス料理から果物の芳醇(ほうじゅん)な味わいのサングリアまで、日本人の口に合う美食がそろう。

 

スペインで最もポピュラーな郷土料理、スパニッシュオムレツはじゃがいもが入った厚みのあるオムレツ。ふわふわの食感で玉ねぎの甘みが口の中で広がる。ガーリックマヨネーズを添えていただく

 

 

 

Socarrat Midtown East
953 2nd Ave.
(bet. 50th & 51st Sts.)
TEL: 212-759-0101
socarratnyc.com

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。